来た~新入り

バリ島生活

先週、日本から戻り、わたわた気味です。
そんな中、新たな出会いがありましたのでご報告。

先月、6月8日、約15歳で星になったダコちゃん
あの日からお墓に声をかけたり、お線香をあげたりしていました。
お陰でダコロスに陥ることなく、寂しいですが淡々と過ごしておりました。

先週、病院の再圧チャンバー講習へ参加した晩、出会いは突然。
デスクワークを終え、かなり遅くなったので腹ペコ状態で向かいのジャワ屋台へ行くと、おばちゃんと娘が「小さいネコいらない?」と駆け寄ってきました。
おばちゃんたちはネコ好きで、ダコが亡くなったことも知っています。
だから、店主がテイクアウトに来るのを待っていたそう・・・日本に帰っていたからテイクアウトは久々だったのです。
1週間ほど前、屋台に誰か捨てて行ったらしいです。
屋台には立派なオス猫がいるので、もう猫は欲しくない。
小さいので追い出す訳にもいかず、困っていたんだとか。

話は分かった。
で、肝心の子猫はどこ???
探すと出てきました。
うわーーーっ小さい・・・手のひらネズミサイズ。
まだ生後1ヶ月ぐらい?
もし、子猫と相性が悪かったら、戻してもいいから、とりあえず持って行って、と。
腹ペコでご飯を買いに行ったのに、子猫を押し付けられて帰るという・・・何とも滑稽な・・・笑。

4821ダコのお墓にご挨拶して、家の中へ。
ダコと同じ色!!

4822小さいので階段すら上がれず。
店主にぴったり付いてきます。
踏み潰しそうで怖い・・。

4826座ったまま眠気と闘っています。
3頭身?

4828そして1週間経って、こんな感じです。
昨日から、走り始め、じゃれて遊ぶようになってきました。
毛づくろいも始めました。
母猫と一緒の期間がかなり短かったので、免疫は弱いかもしれませんね。
ただ、ミルクと市販の餌をがつがつ食べてくれるので助かります。

名前は、お腹がぽっこりだったので「ぽんちゃん」。
性別はまだわかりません。
しっぽが短くしかも折れている「鍵しっぽ猫」。
幸運を招くんだとか。期待します。笑
2代目ブルパラ看板猫・ぽんちゃんです。
どこへも行かず、いついてくれますように。

Posted by 店主