Posts tagged ヌサペニダ

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

愛知・岐阜よりお越しのY子さん&S子さんをヌサペニダへご案内しました。

明日はニュピラウト(ヌサペニダのニュピ)のため、ヌサペニダ方面でのダイビングができないせいかたくさん人が集まっている。
中華系ダイバー数の多さに驚きます。
時代は完全に変わりました。

ヌサペニダの海況GOOD
波なし、うねりなし、流れ3本目ちょっと、透明度10m~25m、水温22℃~27℃

1本目、エントリー直後にマンボウがこっちの方にやってきた。

何も準備できていない・・・。

 

今日もマンボウ狙いでものすごい数のダイバーたち。

 

ベテランダイバーY子さんとビギナーS子さん。
高校の同級生なんだとか。
S子さん、本数の割りに中性浮力が安定していました。

 

水中は元気なS子さんですが、波酔いには弱かった・・・。

 

お二人ともモルディブや石垣に行ったことがあるので、マンタは初めてではありません。
バリ島のマンタもいいでしょ?

 

最初から最後まで終始いてくれたので、良かったです。
ただ、水温が22℃だったため、潜水時間は32分で終了。

 

食べて温まって、3本目はまたマンボウ探し。
今日のヌサペニダ、波なしで穏やかなんですが・・・
S子さんは、酔いがひどくなり3本目は欠席。
普段、船に乗って釣りをしているというY子さんは全く平気。

前半がアゲンストで流れがありましたが、まだ進めるほど。
ベテランY子さんとマンボウを探しましたが、不在でした。

後半は流れも止まり穏やかに。
最後は、浅瀬のきれいな根で遊びます。

 

カメラとGOプロと余裕のY子さん。

 

寒くないし最高。

 

芸能人に似てるんですー。

 

さくさくっと3ダイブ終了。
お疲れ様でした。

 

サヌールのビーチに到着すると、干潮・・・。
かなり歩きました。
潮が引いたところで、フォトウェディングかな?
フラミンゴがいるので、絶対日本人ではないですね。
ってか、なぜフラミンゴがいるのでしょうか?

 

ボートを降りた瞬間、元気になったS子さん。
砂紋と記念撮影。砂漠みたいですね。
今日は、ありがとうございました!!

そして、昨日に引き続き、ダイビング2日目のO氏とEさん夫妻は・・。

トランベンでがっつり3ダイブ。
いい笑顔です。海況も良かったそうですよ。
2日間、ありがとうございました。

 

 

ヌサペニダ&トランベン ファンダイブ

0

おとといパダンバイで一緒に潜ったW氏をヌサペニダへご案内しました。
相変わらず美肌で羨ましい限り。

本日のヌサペニダ海況よし。
波なし、流れほとんど当たらず、透明度8m~20m、水温20℃~
ほとんど24℃~25℃で温かく感じる一日でした。

 

イソマグロか?クロマグロか?ちょっと遠いですが2匹。

 

ツノダシの群れ~

 

 

魚影が濃い!

 

オオセ(ウベゴンシャーク)みっけ。

 

独占だったので、美肌W氏とパチリ。

 

マンボウが上がってきました。
1匹は、突然、急浮上で水面ジャンプ。はやっ。
1匹は、下から上がって来ました。
美肌W氏、良かったですね!
そこにいたので、もっと観察できたのですが・・・美肌W氏のエアが少なく、泣く泣く浮上。
ウミヘビもいましたね。

ボート上では酔ってしまう美肌W氏ですが、水中は元気!

 

ハダカハオコゼ(ピンクちゃん)、しがみついています。

 

2本目も同じところに入りましたが、マンボウの気配なし。
浅瀬で魚観察。

 

3本目、マンタポイントは、エントリーした直後にマンタが3枚連結で来た来た~。
カメラがまだ準備できてない・・・・・苦笑
これ先頭の普通のマンタ。
2匹目は撮れず。

 

 

一番後ろはブラックマンタでした。
美肌W氏、ラッキーです。

マンボウも見に行きましたが、不在。
クロヒラアジの群れなどもいましたが、透明度が悪かったです。
緑色で濁っています。

W氏、ありがとうございました!!
さくさくっと6ダイブでしたね。

今日はもう一箇所:トランベン
昨日、トランベンでご一緒させて頂いたシンガポール在住のIさんとJ氏。
昨夜はトランベンに泊まって、今日も2ダイブ。
早起きが苦手なJ氏に合わせて、のんびり朝10時スタートのダイビング。
引き続き海況も良く、J氏もIさんも楽しまれたようです。
2日間、ありがとうございました。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

関空より飛べなかったゲスト様のおかげで、今朝もホテルの朝食ゲット。感謝。
ですが、今日は早すぎて全然食べれない・・。
今日は運転手を誘って行ったのですが、やはり彼は『朝からナシゴレン』でした。

このパンケーキいいなぁ。

まだキャンセルの影響があって、今日は結局お一人様になってしまいました。
ですが、久々のK女史がやってきました!!
元スラウェシ島在住のKさん、4年ぶりに一緒に潜ります。
カポポも一緒に行きましたね~、なつかしい。

干潮気味だったので、また出発が大幅に遅れました。
っが、Kさんはそんなことお構いなし(慣れっこ)。
昔話に花が咲きまくり~。

本日のヌサペニダ、この前より海況よし。
イレギュラーですが、1本目PED。
透明度もよく、暖かい。
軽いドリフトダイビングスタート。

入った直後にウミガメでした。
珊瑚がすばらしいの。

 

身を委ねて流れに乗っていくだけ。

 

Kさん、ログ本数は軽く三桁。ベテランです。

 

1本目からウミガメ、何匹見ただろう・・・。

 

マンタポイントはちょっと冷たく23℃。
透明度は10mぐらいで、先日より上がっている気がしますが、水底の砂かぶりはすごかったな。

 

ボート上のダイバーたちがぶるぶる震え上がっていましたが、Kさんは割りと平気。
更に、全然酔わない。ランチ完食。
たくましい。

 

3本目、やっと流れが止まったクリスタルベイ。
一瞬、このように流れがありましたが、すぐに止みました。
水温24℃で少し暖かく感じます。

 

ここもウミガメだらけ。

 

立派なサイズのオニカサゴ。

 

先日の高波に耐えたテーブル珊瑚。
クリーニングステーション大繁盛です。

 

以前、マンボウを見ているKさん。
今日は残念でした。目撃情報もなしの一日。
お疲れ様でした。
今日は、ありがとうございました。
話しても話しても、話が尽きないー。
また後日!!

 

 

ヌサペニダ&ファンダイブ、パダンバイ&体験ダイビング

0

サヌールのビーチ集合。
皆様、おはようございます。

静岡よりお越しのK氏、そして神奈川よりお越しのS氏とYさんご夫妻。
皆様、はじめまして。
S氏とYさんは、体験ダイビングのため日本語体験講習をさせて頂きお見送り。
パダンバイGO。行ってらっしゃーい。

店主はK氏とヌサペニダ3ダイブです。
ふふふーっ、今日は楽しみです。
だって、K氏はダイブマスターのベテランダイバー(仕事にしていませんが)。

干潮だったため予定より1時間ほど遅れて出発。

1本目、クリスタルベイ
波少し、流れあり、透明度20m~、水温22℃

ウミガメちゃん、今日もいっぱい。

 

最初は穏やかだったのですが、ちょうどマンボウ探しに深場へと思っているところで、突然強烈な流れがスタート。
これ水深18mで鯉のぼり中です。
ちょうどマンボウが上がってきてもいい感じだったので、このまま待って良いところ。
10分ぐらいで激流も止むだろうと予測しつつ・・。
他のチーム(1女性ガイド+2西洋人ダイバー)が塊のままだーーーっと流されて来たのですが、なんとK氏が一人を引き寄せ岩につかまらせました。
さすが、ダイブマスター!
なので後ろを振り返ると、4人が張り付いている状態。笑
店主は、西洋人のエアが気になっていました。
落ち着けサイン出したり・・・お節介かな??

 

流れに耐えられず店主に近づいてきたオニカサゴ。
K氏も鯉のぼりながらも、楽しそうに写真を撮っているし。

 

15分ぐらいで激流はおさまり、動けるくらいになったので浅瀬へ移動。
浅瀬はうねり~
安全停止で無事終了。
1年ぶりのダイビング、一発目がこれ。
意外や意外、K氏は鯉のぼりが楽しかったそうで目が輝いている!
ああいう流れは初めてだったそうです。

2本目、マンタポイント
波あり、流れ少し、うねり大、透明度5-8m、水温24℃

最初にマンボウ探しに行ったのですが、マンタがいっぱい。
今日は深場も白濁り(冷汗)・・・マンタ見えた。

 

K氏にとって、人生初のマンタ様たち。
透明度はいまいちでしたが、たくさん。

 

3枚来た~。

 

かっこいい戦闘機ですね。

 

こっちからも来た~。
K氏は上手に寄れるので、いい写真を撮っていました。
エキジットすると、さらにキラキラスマイル。
どんどんエネルギー充電されていくK氏。
お腹も満たしてGO。

3本目、PED
波なし、流れ中程度、透明度8m~20m(浅瀬は真っ白)、水温26℃

ドリフトダイビングスタート

 

お魚まみれ

 

さんご礁の上を快適にドリフト

 

わーーーーい

 

 

ひゃーーー

 

流れに乗って景色がどんどん変わります。

 

ウミガメちゃんとK氏。

安全停止を終えエキジットしようとすると、立派なウミヘビ・・・・

うわー、マダラトビエイ!
着底しているのが珍しい。
何食べてる?
K氏は、最後の最後にオニカマスも見たそうな。
3本目終わると、K氏は更に輝き。
本当に海が好きなようです。

パダンバイ組は??

Yさん、K氏も上手に初めての体験ダイビングを無事に終えたそうです。
パダンバイ、水温25℃。
水中写真はいかがでしたか?

皆様、今日はありがとうございました!!
今日も素敵なゲストたちでした。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

ダイビング2日目のT氏とA氏。
昨日ご一緒できなかったので、店主にとっては初めまして!
今日はリクエストで、ヌサペニダへご案内しました。

サヌール泊だったので、ボートが出るスマワンビーチまで5分かからず。
昨日のトランベンとは大違い・・。
今朝の天気は雨こそ降っていませんでしたが、どんより空模様。
スムーズにそれほど待つことなく出発できました!

1本目マンタポイント
波少し、流れちょっと、うねり大、透明度8-12m、水温24.8℃~。
全然耐えられる水温。いえーい!
A氏もT氏もマンタを見たことがないというので、完全マンタ狙いです。

浅瀬の透明度が白く濁って残念でした。
っが、マンタは4-5枚がぐるぐる。

 

たくさんダイバーが並んでいる中、最後のこの子は店主の方にやってきてくれました。
ラッキー&ありがとう!
石垣島出身のA氏にとっても、初マンタとなりました。

*今日はマンボウが1枚いたそうな・・・。

2本目 クリスタルベイ
波なし、流れなし、透明度10m~20m、水温24.4℃~
深いところへマンボウを探しに行きましたが、不在。
浅いところは、やはりまだ白濁りがあります。

サザナミヤッコ

 

テニス仲間というT氏とA氏。
去年ダイバーになってもうログ本数は50本のお二人。
いいバディです。

 

色がはっきりのアンナウミウシ

 

T氏が気づくまで時間がかかったニライカサゴ

 

今日は誰も酔わない。
ご飯もりもり食べて、3本目はトヤパケ入ります~。
波なし、流れ少し、透明度18m、水温26℃
最初はゆるーーーーーーーーいドリフトでスタート。

 

おっばいいそぎんちゃく

 

立派なサイズのナポレオンが行ったり来たり。

 

今日は、T氏のカメラがくもって写真が難しかったようです。

お二人がときめいたネズミフグ。
こちらも立派サイズでした。

 

倒れているのかと思って近づくと、クリーニング中でした。
ほんと気持ちよさげなアラレフグ。

 

サンゴがびっしり。

 

カスミアジ5匹がびゅんびゅん。

 

店主が好きなサンゴ。
割れずに残ってほしいな。祈

途中で流れが止まってしまいました。
そして反対に・・・。

 

これまで沖縄、タオ、グアムなどで潜ってきたA氏とT氏。
このトヤパケが一番きれいだったとのお言葉頂きました!
やるなー、さすがヌサペニダ。

 

 

干潮前にビーチに到着。
少しだけ歩きましたが、出来たての砂紋とやわらかい太陽が心地よい。
A氏&T氏、2日間ありがとうございました。
またいつか一緒に潜りましょう。

ファンダイブ ヌサペニダ

0

今日のゲストは、京都よりお越しのKB氏とKさん。
はじめまして~。
そしてブルパラリピーター、スラバヤ在住のK氏と奥様Mさん。
この前のダイブでは、子持ちシムランス撮影成功おめでとうございました!
そしてそして、ジャカルタ在住T氏2日目、オーストラリア在住Aさん3日目の参加。
本日は、皆さんのリクエストでヌサペニダへご案内しました。

今日のヌサペニダ暖かいぞ・・・。
水温25℃~27℃、波なし、流れ時々、透明度15m~20m(浅瀬はどこも白ぽい)。

京都のKB氏とKさん。
ちょっと待っててね。
店主は、マンボウ探してきまーす。

 

 

立派なヘラヤガラが近づいてきたー。

 

 

バディ2日目のAさんとT氏は、今日も撮る!
今年ダイバーになったばかりのAさんですが、3日間の濃厚なダイブで急成長です。
今日の船酔い率50%の中で全く酔わなかったですし、たくましい~。

 

二組に分かれていましたが、途中でアクシデントがあり、店主の受け持ちが途中から5名。
流れてなくてヨカッタ・・。

 

2本目マンタも暖かい!
浅瀬はうねりで真っ白。
行っても無駄な感じだったので、ヨスジフエダイのところでマンタ観察。

 

店主は、初マンタの皆さんを担当させて頂きました。
マンタは4~5枚が行ったり来たりしてくれて、何度も見られました。
マンタに興味なしのスラバヤK氏とMさんは、別行動。ふふふ~。

 

京都の酔いまくったお二人ですが、水中は元気。
マンタたちに感動!

 

いつもありがとうねー。
また来るよ。
この後、またまたアクシデントで、店主はもう一度潜行することに。

 

3本目はまたマンボウを求めるダイブ。
でも、穏やかだし暖かい・・・気配なし。

 

浅瀬をのんびり楽しむことにしました。

 

先日の高波で壊れちゃったボロボロ珊瑚の山。
ウミガメ的には、ほじくる必要がなくなり最高の餌場なんでしょうね。
100mぐらいの間に3匹のウミガメ。タイマイちゃん。

 

ニライカサゴVSウミガメ対決。
結果は、ニライカサゴが勝ちました。
威嚇するとウミガメは逃げちゃいました。

 

この子(アオウミガメ)は、痒かったようです。
喉をこすりつけたり、お腹をごしごしやっていました。
ダイバーなんて気にしません。
3本目が、一番穏やかでのんびりダイビング。

 

無事にサヌール到着。
皆様お疲れ様でした!
日差しがつよーい。
今日はありがとうございました。
マンボウは残念でした。

サヌール泊組は、お肉で打ち上げ。
もう腹ペコ。

ヌサペニダ ファンダイブ

0

本日のゲストは、ジャカルタ在住のリピーターT氏は1ヶ月ぶりです。
そして、オーストラリア在住のAさんは2日目のダイビング。
お二人とも初めてのヌサペニダへ。

今日はスムーズに乗船!

ありがたや~。
天気がいいし、海も穏やか。
今日はマンボウでも、マンタでもなく、北部で癒しのダイビングを予定。

サクサクとエントリー。

1本目:PED
穏やかで、ゆるーいドリフトダイビング。
透明度12m~20m(浅瀬は白ぽく濁り)、水温27℃

クマノミの卵。もう目がキラキラ!

 

 

存在感ありありの大きなオニカサゴ

 

ゴージャス珊瑚

 

心地よい流れに乗ってゆきます。ふわふわ~。

 

ウミガメちゃん水面へ。

 

天国

 

びっしり珊瑚のカーペット。

この後、エキジットでアクシデント。
フィンがひとつ落ちていった・・・。
ゴムフィンは、落下速度が速い。
サヨウナラ・・。

 

サインはマンボウですが、狙っていません。
2本目行ってきまーす。

2本目はSD。
穏やかで、こちらも軽いドリフトダイブ。
透明度12m~20m、水温27℃

 

ゴシキエビをすぐにみつけたAさん。
オーストラリアでは普通に獲って良いそうです。

 

ほどよくドリフト。

 

ミゾレチョウチョウオの群れ、オヤビッチャの群れ、クマザサハナムロの群れ・・・次から次へと映画のよう。

 

Aさんが好きなゴマ。

 

今日もたくさんウミガメを見ました。
この子、お食事中で全く顔を上げず。

 

カスミアジ・・かっこいいねー。

 

浅瀬は生き生き珊瑚。

 

癒しの暖かいドリフトダイビング終了。
2ダイブだったので、ランチはビーチに戻ってから。

Aさん、T氏、今日はありがとうございました。
写真楽しみですね。ふふふ。

ヌサペニダ ファンダイブ&トランベン 体験ダイビング

0

本日は、皆さん、とりあえずサヌールのビーチに集合。

皆さん、おはようございます。
これから体験ダイビングでトランベンに向かうガールズ2名。
大阪よりお越しのHさんとYさんです。
かわいいな~。

 

サヌールのビーチで、店主ががつんと体験ダイビング講習&沈船説明をさせて頂きました。
ごめんなさい、店主はトランベンへ行けないのです・・。
プライベートツアー状態です。
のんびりいってらっしゃいーい。

店主は、ジャカルタのリピーターM女史を本日担当することに。
なぜなら、送別ダイブ・・・寂しい。
目的はマンボウ。

1本目マンタポイント
波なし、流れちょっと、透明度8m~15m、水温23℃
情報があったので狙って反対側から入ってみました。
が、マンボウなし。マンタは見に行っていません。笑

 

2本目クリスタルベイ
波なし、流れ深場だけ、透明度20m、水温18℃(上は23℃)

もうそろそろ100本ダイバーのM女史。
本日5mmウェットデビュー。
フードも・・。
下はぐんぐん冷えた~、18℃耐えられましたね。
心折れる水温
*後から情報ですが、1本目だったら26℃だったそうです。2本目でこんなに変わっちゃう。

 

 

二人とも心が折れかけたので、浅瀬でマンボウを忘れます。

 

 

ハダカハオコゼ ピンクは嬉しいなっ。

 

M女史(女帝)モジフードがぶると、更に迫力が増します。

 

あぁあぁ、こういうのがいい(しみじみ)。

どこのボートもマンボウ見てませんでした・・・。

 

 

今日は太陽が出ていて、体の冷えも即効リカバリー。
水面ではウミガメが呼吸しに上がって来ていました。

 

3本目、どこ行こう????
マンボウどこ?
昨日、トランベンのマクロポイントにマンボウがいたそうな。
もしかして暖かさ求めている!?笑

 

イルカの群れがそこにいるーーーーー!
即効エントリーしましたが、会えず。

 

3本目は、3人いたガイドたちで協議の結果、マンタベイのはずれに入ってみました。
テペコンみたいなゴツゴツ感。
波なし、流れなし、うねり少し、透明度8m~15m。
濁っている時にマンタが通ってゆきました。
でも、今日はマンタが目的じゃないの・・。

 

3ダイブ終えてサヌールに戻ると、干潮で歩く日。
遠いけど、水が温かくて気持ちいい。
送別ダイブだったのでマンボウをプレゼントしたかったのですが・・・残念。
ですが、ベテランダイバーM女史はさらっとしたもんでした。ほっ。

 

本人のご希望でバイクタクシー(配車アプリ)でウブドへ。
笑える~。
インドネシアにはこんなに便利なものがあります。
ちゃんと到着したようなので、★★★★★評価出しておきました。
この一年間、濃厚なお付き合いをさせて頂き楽しかったです。
また次の再訪をお待ちしています。
ありがとうございました。

 

 

そして、トランベンのHさん&Yさんは、きちんと潜れたそうです。
昨日まであった波もおさまり、海況はなかなかだったようです。
彼女たちも、帰りはウブドへ。
今日はありがとうございました!

 

 

ヌサペニダ ファンダイブ

0

昨日のトランベンに引き続き、EさんとスマトラT氏をヌサペニダへご案内しました。
Aご主人は体験ダイビングなので、予約の段階でご遠慮願いました。
しかーし、昨日潜った感じでは、問題なく行けたな・・・。

今日は天気が良くて気持ちいいな。
海況もよさげ。

1本目クリスタルベイ
波なし、流れ途中あり、透明度20m、水温21℃~(ゲストは23℃~)
水が動いていて、マンボウの予感!?

モンガラカワハギ・・・すごい模様です。
幼魚がかわいいのなんのって。

 

流れの中、店主は深場へ行ってみると水温は21℃。
まだ大丈夫だわぁ(寒さ)。
んーーーいないな。

群れ群れアカヒメジ

 

E氏とスマトラT氏は、バディ2日目。

 

ネズミフグ・・・あなたの仲間ででっかいやつはどこかね?

 

ソロイモンガラの小さな群れ。
あまり見たことないかも。

 

ハナダイの大きな根へ。

 

小さなウミガメが呼吸しに上がってゆきました。
このダイブでウミガメは3匹くらい。

水面でイルカを見ながら、2本目マンタポイントへ。
波少し、流れ少し、うねり浅瀬は大、透明度8m~15m、水温23℃

エントリー直後に大きなマンタが目下に。

 

マンボウ探しに行きましたが、不在・・。
浅瀬に行くとと、マンタ3枚がぐるぐる。
でも、うねりがすごかった・・・視界もイマイチ。

 

お疲れ様でした!
痩せ型のEさん、たくさん着込んで23℃が平気でした(着るのは大変だったけど・・)!!
昨日の27℃であんなに寒がっていたので心配でした。

サヌールに戻ると、ほっとします。
温泉のような暖かさ。

 

スマトラT氏とEさん、2日間ありがとうございました。
ご主人A氏、ライセンスとってからまた遊びに来てくださいね。
ボート上も水中も楽しかったです。
いろいろな話に笑った・・

ヌサペニダ&トランベン砂地マクロ ファンダイブ

0

リクエストで本日はヌサペニダへ。
昨日に引き続きのKG氏、そしてジャワ島バンドンよりKちゃん。
おーひーさーしーぶーりー!
彼は昔、スラウェシ島マカッサルで海賊でした。
5年ぶりのダイビングでしたが、店主がレスキューまで育てたKちゃんなので問題なし。

朝から大変です。
乾季なのに、雨、雨、雨。
ハイシーズンなのに、ポーターが少ない。
更に、干潮でスピードボートが遠すぎ。

8時に出発予定と聞いていましたが、実際は10時出港。
日本人だったら、7:45には到着しているんですけどね・・・冷汗
2時間以上お待たせでした(店主の中で新記録)。
本当に申し訳ない状態でした。
屋根のある施設は、雨宿りダイバーでぐちゃぐちゃ。

小降りになった9:30頃から、やっと乗船。

遅れたので、この時点で3ダイブ予定が、2ダイブ予定に変更のお告げあり。
3ダイブ準備だったので、めまいが・・・。涙

1本目、マンタポイント
波中、流れちょっと、うねりあり、透明度8m~15m、水温23℃
意外と耐えられる水温でした。

久しぶりに見たKちゃんのフィンキック。
懐かしいよー、そのフィン。
なんとマンタなし。
マンタ気配ゼロなので、マンボウも探しに行きましたがなし。
滅多にないことが起きました。
昨日もいなかったとか。

浅瀬は真っ白でしたが、深場はそれなりにきれい。

KG氏とKちゃん、やっと少し出てきた太陽で温まります。
水面からは、イルカの群れがちらほら。

2本目、行ってきます。

クリスタルの海況
流れ途中あり、うねりあり、透明度15m~20m、水温21℃

 

サーモクラインも写真に写るんですね。
モヤモヤ。冷たい水が上がってきました。

 

 

ウミガメがダイバーのバブルシャワー突撃。
ダイバーたちは流れているので気づいていません。

 

ちょっと休憩。
KG氏もKちゃんも、流れに強いです。

 

流れが弱まった時にゆっくり進みます。
ウミヘビ行きました~。

 

ウミガメは4匹ぐらい?

 

流れていますが、KG氏は写真を楽しんでいます。

 

 

お疲れ様でした。
水中で、マンボウを見たと情報を頂きましたが、そこにはもういませんでした。
なかなかじっくり会えませんな・・。

ハードなダイブでしたが、お疲れ様でした。
Kちゃん、ブランクだかい

そして、もう一組。
早朝暗いうちに出発したスラバヤのK氏・Mさん夫妻。
昨日に引き続き、トランベン砂地でマクロダイブです。
ナイトロックスでじっくり潜ります。

トランベン、めちゃめちゃ晴れてて羨ましい!
2本目、少し波があったようですが、透明度もなかなかだったようです。
子持ちシムランスを撮ったそうな・・。
すごい!見たい!

皆様、今日はありがとうございました。
今夜は焼肉だーーー。

 

ページのトップへ