スラバヤのTさん、せっかくバリ島に来たのだからもう一日潜ることになりました。
2日目は、ブルーラグーンを攻めます。
ガールズまったりダイブ開始。

パダンバイは晴天で太陽ジリジリでした。
海況は、抜群。
波なし、流れなし、透明度18m、水温28℃。
ただ、水面のゴミや木が気になります(水中はなし)。
ちょうどブルーラグーンを漂流中。
水面に浮かぶ木々には、もうお魚さんたちが付いてる状態。
生物は適応が速い!

img_5243

2日目も元気いっぱい絶好調のTさん

 

img_5249

ウツボが同棲中

 

img_5257

あまり見ないアミウツボ

 

img_5264

透けちゃってますが、エラをクリーニングするイソギンチャクエビ。

 

img_5265

今日も黒いチンアナゴは1匹で寂しい・・。

 

img_5272

ハダカハオコゼが飛んだ!
追跡すると、そこには友達がもう1匹待っていました。

 

img_5284

人口密度の低いイソギンチャク

 

img_5309

光が差し込み大好きなサンゴ。
クロスジリュウグウウミウシ、ピンクスクワッドロブスター、ヒレナガネジリンボウ、オレンジバンデッドパイプフィッシュ(卵持ち)などを観察。

 

img_5318

長めに水面休憩をして、2本目行ってきまーす。
こんなに温かい乾季で良いのでしょうか。

 

img_5328

ヒメオニオコゼがゆーーーっくり移動中。
そして後ろにはオニカサゴが2匹。
危険な生物ばかりと思っていたら・・・さらに

 

img_5334

そこに7cmほどのブルーリングオクトパスがやってきました。
ラッキー!でも、一期一会だろうなぁ。
動きがとてもかわいいらしいですが、これはジャンプバージョン。
誰がどうやって測ったのか知りませんが、青酸カリの500倍の猛毒持ち。

 

img_5364

オレンジバンデッド、こちらも卵持ちを撮影するTさん。

 

img_5368

最近増えているツマジロオコゼ

 

img_5374

Tさん、ウォールをゆく~

 

img_5376

Tさん、サザナミフグを撮る~

 

img_5377

オオモンカエルアンコウ、まだいます。

 

img_5391

釣り糸よけながら、浅瀬をまったり安全停止。
この辺は、カクレクマノミ、クマノミ、ハマクマノミ、セジロクマノミ、ハナビラクマノミと種類が揃っています。
まったりのんびりダイビング終了。

Tさん持参レギュレーター、高圧ホースからエアが漏れていました。
オーバーホール時期ですね。
スラバヤではなく、バリ島のディーラーで直すことに・・。混み具合にもよりますが、約2週間でOH終了です。
お預かりしておきまーす。

2日間ありがとうございました!