BNI 銀行で・・

バリ島生活

月初めなので、各種お支払いでサヌールをまわりました。
長いコロナ禍でのやりくり、まだ何とかなっています!笑

ずっと雨続きでしたが、昨日やっと洗濯ができました。
今日の昼間は久々の青空。
銀行まわりも楽しくなっちゃいます。

さてインドネシアで一番付き合いが長い銀行。
2000年に最初の口座を作ったBNI銀行 (Bank Negara Indonesia)、ってことはもう21年か・・。
ちょうど高度経済成長期だったこともあり、この21年で利率が今じゃ3分の1。
タンス預金よりはましな程度になっちゃいました。

店主はいつもタンブリンガン通りのBNIに行きます。
なぜなら小さいし、行員がみんな店主を知ってくれているから話が早い(外国人慣れしている)。

最近、現金主義の店主がBNIのクレジットカードを使う場面がちょこちょこでてきました。
カード払いにすると割引が大きいため。
日にち指定されちゃいますが、多いのが「150,000ルピア以上買い物すると100,000ルピア割引」って魅力。
多分これまでもプロモお知らせSMSやWAとか入っていたんでしょうけど、コロナ前は仕事が忙しくてそういうの無視してたんです。
全然読んでなかった・・。
今、時間があるのでイ語でも読んじゃう。
そんなんで、近所のスーパーで食糧を買ってカード払い。
余計なものを買うのではなく、野菜とか卵とかパンを買って割引なら節約ですよね。

請求書はメールで来ます。
日本の自動引き落としと違って、こっちは普通口座からクレジットカードの口座に支払い操作をしなければなりません。
(面倒だけど不正利用された時に気づけるし、不正利用だからということで払わないこともできるメリットもあります)
今日はATMでその操作をするもなぜかできない。
できない時は、セキュリティのおじさんを呼んで操作を間違えてないかチェックしてもらいます。
こっちのセキュリティのおじさんたちは、ATM操作を熟知しています。笑
ところがおじさんに見てもらうも、5回操作しても最後のところでできず・・。
「他のATMで試してみて~」と。まじかい?

で、浮気はしたくなかったのですが、新しいBNI銀行に行ってみることに(2ヶ月前にサヌールビーチホテルから移転してきた)。
マンダラ病院近くのバイパス沿い、インティバリの並びなので、実はブルパラから一番近いのはここ。

19026

ATMで操作してみましたが、やはり最後の最後でできない。
セキュリティのお兄さんを呼んで事情を話すと、操作途中で「それだったら一度<口座情報>開いてみて」。
どんぴしゃ!生年月日入力を求められました。本人確認を厳しくしていたんですね。
スムーズに支払い終了。
タンブリンガンのおじさんはそこに気付きませんでした。
でも、バイパスのお兄さんは気づいた。→好青年
すごい近いし、支店変えちゃおうかなと思った瞬間でした。
何でもそうだけど、生きた人間に直接習えるっていいな。

Posted by 店主