デング熱の季節

バリ島生活

ここ数日、全然太陽が出ません。
通常のスコールではなく、なぜか雨が一日中降ります。
昨日の夕方、雨が止んだ時に裏から爆音が聞こえてきたのでスマホ持って撮影しました。
お寺に登って・・・笑(神様ごめんなさい)。


そうデング熱にかからないよう殺虫剤散布スタート。戦争みたいです。
裏の家は本当にかわいそうで、水はけが悪くてよく敷地が冠水しているんです。まるで池。
四方八方大きな家が後から建っちゃったのでしょう。
たまにホースとポンプで表通りまで水を排水しているのを見かけます。

蚊が増えると気をつけなければならないのは、デング熱です。
デングウイルスを持ったネッタイシマカ・ヒトスジシマカに刺されることで感染します。
潜伏期間4日~7日後、一気に38℃~40℃の熱が出て「あぁ、デングかも」と気付きます。
この「一気に高熱」が特徴です。
店主はバリ島で2回デング熱にかかったので、あの悪寒むずむず全身鳥肌の感じわかります(笑)。
発症すると全身が痛くてつらいですが、ほとんど回復します。
体力や免疫のないお年寄りや子供は重症化・死亡もあります。
ワクチンも治療薬もないので対処療法になります。
蚊に刺されないことが重要。ネッタイシマカの活動時間は太陽が出ている間。昼間の蚊に注意です。
コロナと違って良いことは、ヒトヒト感染がないこと。
人にうつる病気は嫌ですね~コロナみたいな。怒

昨日の殺虫剤散布、ラッキーなことに店主宅は風下!!!
白煙が全部こっちに来るので、うちの部屋のドア全部を全開にして隅々まで侵入してくれるようにしました。
30分くらいは家の中が白いモヤがかかった状態。
蚊が死ぬんだから、健康に悪いでしょうけど、デング熱に感染するよりは全然まし。
どんどん重症化していくらしいので、3回目の感染は避けたい。
喉がイガイガしてくるので、何度もうがいをしました。
サヌール村役場がたまに殺虫剤散布をしにまわりますが、ほんとたまーになので裏の家に感謝。
普段は虫除けソフェルを塗り塗りしています。

インドネシアで初めての入院
2回目のデング熱感染が発覚し、ほぼ強制的に入院させられた時のブログ。
デング熱は、BPJS加入だと入院が無料でした。通院は有料。
マンダラ病院のご飯が意外においしかったな。

オミクロンやらデングやら、ウイルスって見えないけど最強。
どちらも免疫下がっていると発症しちゃうんですよね(デングも8割は無症状)。
普段の免疫高め生活が大切ってことにつきる気がします。

Posted by 店主