ワクチン証明(KTP型)

バリ島生活

7月3日から突然始まったプチロックダウン・・延長延長でそろそろ4週間。
デルタは国境を越えて西から東へ移動中ですよ。
それがはっきり見えることが、改めてウイルスはすごいなと思います。
薬はないので、かかっても重症化しないよう免疫と体力維持しかないですね。

16613-001

検問でワクチン証明を求められるようになったため、ローカルが持ち始めたもの。
店主も流行りに乗って作ってもらいました。
KTP型のワクチン証明。キャッシュカードサイズです。素材は普通にプラスチック。
大きな紙で証明もあるし、スマホ内にも保存済みでもありますが、検問の時などはこれが便利ということになったようです。
財布に入れておけるしね。
表が1回目接種、裏は2回目接種のデータ。3回目ブースター打ったらどうするんだろ?笑
ただ、文字が小すぎる。提示することに意義があるようです。
ま、深く考えないところがここのいいところ。
コピー屋で1万ルピア。

で、そのコピー屋で知ったのですが・・。
このサイト https://www.pedulilindungi.id/

16617名前とNIK(個人番号)を聞かれたのですよ。

16616

あらーーーっ、出てきた店主のデータ。
2回目ワクチン接種済みって。
一番下は直近30日以内のPCRや抗原検査の有無まで。
名前とNIK番号あれば、このサイトで見えちゃうんだ。
でもね、外国人はほとんどKTP(イ人の身分証明)を持ってないのでNIK番号がない人がほとんどだと思うのですよ。
店主はKTPを持っていませんが、なぜかNIK番号はあります。SKTT時に割り当てられたよう。
海外で接種した人は反映されないので、やはりスマホや紙での提示になりますね。

これアプリがあってダウンロードしておくと、混んでいるところを教えてくれたり、濃厚接触者まで追跡可能のようです。
それは要らないね。

Posted by 店主