迷い猫その後 波乱万丈すぎ

バリ島生活

今年2月の迷い猫事件を覚えているでしょうか。
うちに突然来て出て行かず困った洋猫その後です。
結局スタッフワヤンが引き取ってくれました。

ワヤン宅には、すでに猫4匹+犬1匹(愛猫ゴリー、2匹の子猫を子育て中の母猫マデ、愛犬パブロ)。
そこにうちから洋猫を喜んで持って帰りましたが、先住組の反応は・・・
愛猫ゴリーは完全別部屋で接触なし。
母猫マデと子供たちは、敷地は同じですが離れて行き、食べるときだけ戻ってくる感じ。
愛犬パブロは、洋猫から猫パンチをくらい都度きゃいんきゃいんと鳴く。
その洋猫は新入りのくせに、犬も猫も怖がらず完全無敵状態。
うちのポンちゃんもそうでしたが、先住組がびびる感じ。
洋猫は、メスですが「ライオン」と名づけられ地位は初日から女王様
まったく空気読みません。わが道を行くタイプは強し。

そして割とすぐに、ワヤンより「ライオンのお腹がふくらんできたみたい」と報告が。
えーーーーーっ。計算するとうちに迷ってきた時はすでに妊娠してたんだ・・。
オスとの絡みで迷ってしまったのかもしれませんね。
で、順調にお腹は膨らみ、暗くて産みやすい環境を整えて、4月末、無事にワヤン宅で3匹出産。
この時点で猫8匹+犬1匹!!!
コロナで困窮しているワヤンが心配。生活できるの??

女王ライオンは出産と子育てで、益々神経質になり誰も寄せ付けず・・。
まわりが気を遣う。笑
子猫1匹が1ヵ月後に死んだり、マデの子供ももらわれて行ったり、猫は6匹に。

で、先日事件が。
明け方、女王ライオンが井戸に落ちました。
通常、井戸に落ちると気づかれず絶望的。後日発見されるパターンなんです。
ところが、女王ライオンは助かったのです。運もいいんだな~。

ワヤンが寝起きでゲートを開ける時、愛犬パブロや女王ライオンも一緒に起きるそうです。
飛び出してくるはずのパブロがいない。
いるはずの女王ライオンの姿もなし。
パブロを探すと、敷地はずれの井戸のところで鳴いて離れないそうな。
完全にパブロの様子がおかしいので、井戸を開けて覗くと女王ライオンの一鳴きが響いたそうな(暗くて見えない)。

すべて察したワヤンがパニックになり住人たちを起こして助けを求め、救出成功。
(井戸の中に入ってもらった)
女王ライオンは、顔より下は全部濡れていたそうですが、つかまれるところがあったようで無事。
毛づくろい終わったら速攻ご飯を食べたそうです。
ショック状態にもならない・・・笑

16493

パブロのお陰で助かった女王ライオンですが、恩も感じず、相変わらず近づくと猫パンチの日々。
パブロがんばれー。性格の良さが顔に表れています。
女王ライオンの子猫も1匹もらわれて行き、もう1匹も決まっているので猫数4匹に。
子育てが終わり最近また外出が多いらしいので、すぐ妊娠するでしょう・・。
バリ人うけする容姿、自分ファーストの性格、犬猫人怖くない、そして運もいい。
どこでも生きていける女王ライオンは波乱万丈。
無敵

ところで・・・
ニュースになっていますがこれお勧めです。
玉井医師が書いた新型コロナとデルタの違い。
絵がかわいくてわかりやすい。
自分の状態もくっきり見えてきます。
入院できない時は、呼吸数に気をつけ、うつぶせで休む!

Posted by 店主