やっと海!パダンバイ

ダイビング

毎年この時期はそうですが、天気がいまいちでダイビング機会を失っていました。
すごい雨やら風やら・・・。
ただ、イントラ仲間のバディが日本から戻ったので、通常通り定例ダイブ再開!!

アメッド方面の海況が悪いとのことでパダンバイへ。
予想以上に天気も海況もいい。
波なし、流れなし、水温28℃、透明度10m~15m

水すけすけ~。早く入りたい。
お久しぶり!イバラタツがちょろちょろ。

定番ムラサメハゼペア♪
モンガラドオシは顔だけ露出。

大きな基地跡は魚礁化がいい感じ。
ブルーラグーンの浅瀬はうっとりきれい。暖かいし・・・笑

この他にもミナミハコフグ幼魚、チョウチョウコショウダイ幼魚、アカマツカサ、ミヤケテグリ、一斉に消えたオオモンカエルアンコウたちですが黒1匹確認、同じく消えちゃったオレンジバンデッドパイプフィッシュも1匹確認、ハダカハオコゼ、オニダルマオコゼ、ニラミギンポ、スカシやネオンテンジクダイ、樹手目ナマコ、ウミウシなど。大晦日にいたクマドリカエルアンコウは消えてた・・。

パダンバイをのんびり3ダイブしてきましたが、全体的に鉛付きの釣り糸が結構引っかかってるな・・。サンゴに引っかかって無理やり引っ張って諦めたというのが分かります。鎖国中で釣り人が増えたからなのか?それともダイバー激減で拾う人がいなくなったからなのか?ナイフだと切りにくいので、ハサミを持っていきましょう。イソバナに巻きついている釣り糸などは見ていて泣きそうになります。

浅瀬で安全停止に入った頃、突然大きなサメが視界に入ってきた~!
強面のいかにもサメぽいやつ。
レモンザメかカマヒレザメ?
古いログを見直すと、どうやら以前パダンバイのドロップオフで見た
カマヒレザメ Hemipristis elongata。
検索するとアメッドなどでも目撃情報があります。
サメ博士仲谷先生によると、カマヒレザメは貴重らしいので近々動画をUPします。
いつものポイントで潜っていても何が起こるかわかりませんね。
だから面白い!

サヌール到着後は、ちょっと早めのディナー。
BUCU SANUR でみんなナシベーコンサンバルマタ&アイスティを注文。
恐ろしいおいしさで、ご飯追加!!あぁ、ベーコン様。
ダイエット中の方にはお勧めしません。

Related Posts

Posted by 店主