今日は晴天のサヌールです。
バイクで走ると気持ちがいいです。

先週土曜日、長期入院したブルパラの愛車三菱L300。
明日で一週間になります。
寂しいだろうと思って、店主は毎日お見舞いに行ってます。
というか、修理工場の人がちゃんと働いているかチェックです。

L300は、もう見る影ないぐらい悲しい姿です。
窓枠もないし、ドアもはずされ、車内も配線むき出し・・・。
昔のベモ(乗り合いミニバス)みたいです。
再生するのかなと心配になる姿です。
外側の細かなスポット溶接は順調で、あちこち切り貼りされ、大きなバンドエイドを張られたかのよう。
96年車、海水、潮風受けながら、今までよく頑張ってきたよねー。

今日は、ちょうど修理工場ボスがL300を溶接中のところだったので長く見学。
ドアがぴったり閉まらないのが納得いかないボス。
どうやら、性格が几帳面らしい。
頑張ってます。
ドア窓枠で穴部分には、小さく鋼鈑を切って、溶接しながら張っていきます。
火花がかなりはねるのに、サングラスも手袋もしてないボス。
店主は、2m以内に近づけないっつうのに、このボス、素手で裸眼。
「いや、めがねは持ってるんだけど、溶接しにくいからしないんだよ〜」とニコニコスマイル。
キケンすぎるよ。
あんなの直視してたら、目が悪くなる。

それにしても、ボス、スタッフ2名、3人が黙々と作業してる。
1スタッフは、別の車をひたすらこすって磨いてる。
もう1スタッフは、ひたすら塗料を塗ってる。
ボスは溶接。
職場が、し〜〜〜〜〜〜ん。
日本じゃ当たり前かもしれませんが、ここインドネシアではあまり見ない光景。
この修理屋、大手旅行社の観光ミニバスも扱ってるらしいし、バリ人にしてはかなり几帳面な性格のボス。
まだ一週間しか見てませんが、ここに決めてよかったと思えました。
信頼できそう。