東京よりお越しのT夫妻とトランベンへ行ってきました。

着いてみると、波が結構あった・・・・。昨日までなかった波が・・・!!中ぐらいの波。

しかし、今日はベテランダイバーご夫妻なので大丈夫。

 

1本目は波が立っていましたが、2本目は小さくなっていました。

岸周辺は波でにごっていましたが、リバティー号が見えてくると、すこーーーーーーーーんと抜けていてブルー。透明度は25mぐらい。水温28℃。

 

T氏 

 

ギンガメアジは2匹のみ。悲しいーーーーーーーーー。

下の方を行ったり来たり。悲しいーーーーー。

仲間はどこへ?見つかりますように。

 

 

 リバティー号に入ります。

 

 

 見上げるとこんな幻想的な景色。

 

 

きっちりルールを守ってダイビングをするT夫妻。

ベテランダイバーですが、安全第一&中性浮力も素晴らしく環境生物への配慮も素晴らしい!

自分のスキルも過信しない。

水中世界に対して、とても謙虚であり敬意をはらっている。

よくよくその辺を聞いてみると、最初にライセンスをとったお店・インストラクターにとても厳しく指導されたそうです。

だから、T夫妻にとってはそれが当たり前。

実は、日本人のベテランダイバーに珍しいです。

最初が肝心です。

 

しかも、T夫妻は動物好きなので、店主とも話が合う!

事務所で『うわーネコちゃん!』

外に出て『犬が走ってるーーーー!』

トランベンに向かう途中『サルーーーー!』

 

ライステラスで途中下車。

 

『これまでの沈船ダイビングのイメージは、にごっていて透明度が悪い。そういうイメージしかなかったけど、トランベンは違った!』とT夫妻。

今日の透明度は素晴らしかった。悪い時もあります・・。

同じ気持ちを持つ海仲間と出会えて、ダイビングさせてもらってなんか嬉しい店主。

また明日からも宜しくお願いします。