実質、もうすぐ0時よりニュピに入る(厳密には、明日朝6時から)。
もうすでに静か・・。

明日ニュピは丸1日外出禁止令なので、今日は近くのミニスーパーへ買出しに。
スーパーは、やはりかなり混んでいる。
レジでみんな並んでる。
たった1日の外出禁止令なのに、みんなかなり買い込んでいるなぁ・・。
そして早いところは、もう店じまいも始まっている。

明日ニュピがバリ新年で、オゴオゴは大晦日。
そう、今日はバリの大晦日。
大晦日の夜といえば、恒例のオゴオゴパレード。
オゴオゴは、悪霊祓いの意味あいを持つ。
日本の豆まきに似てるかも。
秋田のナマハゲのような悪魔像を各自治体で作り、バリ楽器で激しく演奏しながら行進。
人は総出で、花火と爆竹、もう大騒ぎ。
これが、ニュピ前日の恒例行事オゴオゴ。
因みに、サヌール地区のメイン会場は、バイパスマックの交差点。

買出しの後、お友達の家へ午後ティータイム。
短時間のつもりが、話し込んで夜になってしまった。
在住がお互いに長く、今晩のオゴオゴに店主たちは別に特に興味なし。

店主、自宅へ帰るのにバイパスはマックを避け、裏道を通る。
しかし、オゴオゴ行列は、もうみんなバイパスへ出たに違いないと思ったが甘かった。
バイパスと垂直に走ってる道は、ほぼ全て封鎖。
まだオゴオゴ人形がそこにあるじゃないか・・・。涙
でも、完全に通行止めじゃないので、頑張ってバイクで進む。
もう、人・人・人。

インタラン地区でもう進むの不可。
店主、ギブ。
そのインタラン地区のオゴオゴ人形らが、まさにこれから出発するみたいで、大小10基以上ある。

店主、帰ることを諦め、サヌールインタランのオゴオゴを見物することにした。

バリ楽器隊が5mと近いところで、ガンガン激しくたたいているので、音がもろ店主の体に響く。
陶酔してしまいそうな・・・激しい割りになんだか心地よい。
目の前を巨大なオゴオゴ悪魔人形が通っていく。
リアルで怖い芸術的な悪魔もいれば、子供チームが作ったかわいい悪魔像もある。
バリの人って、本当に芸術に長けている。
すごいよ、これ。
酔いしびれた。
不意打ちの遭遇だったけど、間近で見物できてラッキーだった。

そんなんで、通常10分の帰路が1時間以上かかった。
お腹もすいて、気分としては100%アヤムゴレン(鶏のから揚げ)をブンクスだったけど、どこももう閉まってる。
去年、バリのソーセージを買い損ねたのと似た展開。涙

店主は、静寂に包まれるニュピが好きだ。
1日外出禁止で、灯りも外に漏れてはいけない。
自分のリセットに最高な環境じゃないかな。
また、エコロジーだし、毎月ニュピがあればいいのにと思うのは店主だけ?

オゴオゴの騒々しさの後のこの静寂。
この強烈コントラスト、日本で味わえない。
世界中、どこにもないんじゃない。

在住お友達でも、ニュピ脱出として、
ジャカルタへ出た人
パダンへ出た人
ジョグジャへ出た人
ロンボックへ出た人
みんな、それぞれ。

だけど、店主は脱出せずに、ニュピだからこそバリにいたい。

贅沢な時間開始。
バリ島、静寂で灯りなし。