本日は東京よりお越しのK夫妻とパダンバイへのファンダイブへ行ってきました。耳鼻咽喉科ドクターのK氏と奥様は小児科ナース。響きがかっこいいですね。Z子イントラも元ナースですから、店主以外は医療系関係者のダイビングとなりました。ふふふ。

K氏はレスキューダイバーですが、奥様Aさんは1年前にCカードを取得して初めてのファンダイブ。軽くスキルチェックをした後にファンダイブを開始。

 

今日の海は大潮の割には穏やか。天気もよく、水温も終始27℃と感謝すべき水温。透明度は15m程度。

ヤッコエイ、ヒラメ、バラクーダ、ウミウシ、ヨウジウオ、モンツキアカヒメジ、カクレクマノミ、ハタタテハゼ、オニカサゴなどをじっくり観賞。

 

ジェプンの沈船

 

 

ブッダ様たち 

 

 

 ゴマとミナミハコフグ♂ 強烈ショット(foto by Z子)

 

 

水面休憩中に酔ってしまったAさん。残念でしたが、Kドクター単独でエントリー。ドロップオフ、ブルーラグーンを満喫しました。

 

 

 見とれる水中美。

 

日本の高度医療レベルで活躍するダイバーたち+店主

ダイビングに精通した耳鼻科ドクターがいると心強いです!

日本はいいなぁ・・・インドネシアでは怖くてなかなか病院にかかれません。

 

K夫妻、今日は一日ありがとうございました!