ジャカルタより潜り倒しK氏が強行スケジュールでやってきてくださいました。
そして、体験ダイビングで参加くださったのは、2月末に初めての体験ダイビングを堪能していったナースMさん。

そして同僚Rさんを今回連れて来てくださいました。

もう一方は、トランベン滞在中の茨城の父さんN氏。
トランベンの道路沿いで待っていてくださいました。

IMG_2554アグン山、見事に見えます。

 

トランベンの海況は少し波があるものの、中はきれい。

透明度は、18mほど。

深場はすこぶる抜けていたそうです。

夕方になり波はなくなってゆくパターン。

 

店主は体験ダイビングを担当させて頂きました。

Mさんは、前回と同様問題なし。

Rさんが・・水面でコチコチ。

呼吸も上手にできてるし、耳抜きもできるのに、あっけなく『上がりたい・戻りたい』の一点張り。

んーーーーーっ、ここまでできてやらないなんて・・・涙。

説得しましたが、1本目、Rさんの意志は固くギブ宣言。

ビーチに戻します。

じゃ、Mさん一人ですが、行って来ます。

 

IMG_2587最初は手をつないでいたのですが、中性浮力がとれている。

 

 

IMG_2591わーーーーーーーおっ。

めちゃめちゃ適性ウェイト!?

水中でのパワーインフレーターの使い方は教えてないので、

呼吸と姿勢で、できちゃってるんです。

ゲストの皆様でランチ。

 

IMG_2594皆さん、初顔合わせなのに仲良し。
1本目をリタイアしたRさんを皆で説得しましたが、願いは届かず。
ウェットスーツ脱ぐ前に、記念撮影ぐらいしておきましょう。

 

2本目は、店主はMさんの体験ダイビングです。
手は8割がた離してOKな状態。

IMG_2621やっほー、群れ群れ。

 

 

 

IMG_2628船内も幻想的に群れ群れ。

 

 

 

 

IMG_2631で、ウミガメ様まで観察できちゃいました。

 

 

 

IMG_2656ファンダイブ組とも合流。

 

いやー、見事な体験ダイビングでした。

早く東京で時間見つけてライセンス講習を受けてきてください。

そして、ガールズはクタへ帰ってゆきました。

またいつか潜りましょう。ありがとうございました。

茨城の父さんN氏も2ダイブ。明日も宜しくお願いします。

 

潜り倒しK氏と店主は、3本目。

波は小さいぞっ。

IMG_2670クマドリカエルアンコウ7mm。

ゴミみたいです。

 

IMG_2696ワンダーパスが全然逃げませんでした。

撮り放題。
K氏、すごい写真撮れてました。

 

ジョーフィッシュ、フリソデエビなど楽しめました。

至近距離でジャイアントバラクーダ。びっくりさせないでよー。

 

IMG_2706いつもクリーニング、お疲れ様です。

そして、ナイトダイビング!!

(一体、何本潜るの?)
今日のナイトもすごかった・・・。
セミエビといっても、

でかすぎる個体

50cmはあるから、店主は怖かった!
K氏はお構いなし。
ヒレボシミノカサゴを2匹も見ました。
そして、太りすぎのブチウミウシ見てたら、船の中から船の主ウツボが目の前から出てきて、もう絶叫店主。
K氏は、ちょっとびっくりしただけでした。
心臓に毛が生えてますなっ。
そのまま、今は1匹しかいないシマクダリボウズギスモドキを見て、エキジットです。
ナイトなのに60分越え。
でも、K氏の写真はすごかったです。

今日もいいダイブでした。
皆様、ありがとうございました。