木の育ちが良すぎる

バリ島生活

気候が年中一定で温暖なバリ島。
人間にとっては過ごしやすくて良いのですが、庭の木が育って育って困ります。
もう少しゆっくり伸びてくれると助かるんですが、自然のことなので仕方ありません。
伐採は時間もお金もかかる。

今朝、早朝から大家夫婦が庭師を連れて来て、いきなり木を切り始めました。
13年お世話になっていますが、事前に「明日庭師が行くからね」とか連絡くれたことはありません。
修理なども当日いきなり始まります。
今はコロナで在宅が多いので良いですけど。

17116

裏庭の巨木に育ってしまったフランジパニ(ジェプン)。
2階建ての屋根高さぐらいまで伸びちゃってました。
裏の家にもぐいぐい伸びて、さぞかし迷惑だったと思います。

やしの木もどきみたいな木やハイビスカスの木なども、ばっさばさ。
足の踏み場がないくらい。

庭師のおじさんは、素足で簡単に登ってしまいます。
ウェイトベルトみたいなものをして、ロープを持ってクライマーみたい。

17115ブルパラ恒例・化け物ブーゲンビリア(パリガタ)。
2ヶ月前に切ったのに、あっという間に伸びます。
塩やガソリン刷り込んでも死にません。
水をあげたことないのに伸びまくります。
お庭は、足の踏み場ないぐらいぐちゃぐちゃです。
毎日ゴミ収集車が通りますが、少しずつ出さないといけないので、しばらくぐちゃぐちゃ状態が続くなぁ。
一度に出すと、「多いから」という理由で追加料金をせがまれます。
ブルパラ号も修理から戻ってきたので狭い・・・涙

来週ゆっくりロープでくくって毎日少しずつゴミに出そう。
時間あるし。

Posted by 店主