バリ島で猫の去勢手術

バリ島生活

朝からちょっと緊張店主です。
猫の去勢手術が今日だから・・。

ちょうど4ヶ月前(7月13日)、我が家にやって来たぽんちゃん。
近所のおばちゃんから、捨て猫を押し付けられちゃったのがご縁・・。
小さくて階段も登れなかったのに、たった4ヶ月で

6443

こんなに立派になりました。
食欲旺盛、ほぼ成猫サイズ。
元気すぎて怒られてばかりいます。
恐らく、現在、生後5ヶ月。
発情する前に去勢手術をすることに。
メス猫の避妊手術は何度かやっていますが、オスの去勢手術は初めて。

手術予約が18:00だったので、昼12:00が最後の食事(6時間絶食)。
会うのが3回目の獣医さんだったので、ぽんちゃん、意外と落ち着いていました。
麻酔注射は相変わらず絶叫でしたが・・。
3分くらいで、ころんと麻酔がききました。

6441メスの手術立会いは全然OKですが、オスの手術はなぜか直視できず、始まる瞬間外へ出ました。
ぽんちゃんごめんねー、もう子孫ができないね~。
店主と一緒に生きるためには、仕方がないの・・。

6442この子は順番待ちのペロー君、ぽんちゃんと同じ5ヶ月だそうです。
静かでお利口さんでした。

手術自体は15分くらい?
最後に抗生物質注射を打って終了。
薬は、抗生物質、炎症止め、ビタミンCをもらいました。
合計Rp.350.000(2,800円)。

6437獣医さんはバイクで30秒のところ(歩けって感じですが・・苦笑)。
麻酔が効いているので、目も開いたまま家に到着。
このまま3時間。目が覚めないので一度獣医に連絡。
以前我が家にいたダコやハミルは、1,2時間で動き始めていたので心配に・・・。
日本のように、術前に麻酔検査をするわけではないですからね。

64383時間すぎて、少しよたよた歩いた!
けど、また寝る・・朦朧としていますが、とりあえず反応するので良かった。
4時間経つと、胃の中に残っていたものを吐き出してしまいました(想定内)。
6時間経つと、よたよたしながらも椅子へジャンプしたり、店主の傍で寝たり・・。
声を出しませんが相当痛いと思われます。顔に書いてある。
そっとしておこう。
ぽんちゃん、よく頑張った!

Posted by 店主