パダンバイ集合ファンダイブ

ダイビング

(1月2日)
早朝アメッド5:45発でパダンバイGOGO。

南部からのゲストが到着する前に、K氏と早朝ダイブです。ビアストゥゲルに入りましたが、波なし、流れちょっと、透明度15m、水温27℃~28℃。なんと穏やか!アカヒメジの群れが増えているように思います。スカシテンジクダイは空っぽでしたが。海況がアメッド・トランベンと全然違う。

そして、Hファミリーが南部より到着!皆さんはじめまして~。単身ジャカルタ駐在のH氏は、日本からの家族とバリ島で年末年始を過ごされているそうで、一日だけファンダイブ希望。お母さんには体験ダイビングで参加してほしかった家族ですが、本人がパス。ということで父H氏と息子さん二人での参加となりました。皆さん5年ほどブランクがあるので、ゆっくり念入りな説明でエントリー。

皆さん、持参された器材の不具合などちょこちょこ発生しました。長いこと使わないと器材は劣化します。全て解決していざ水中へ。

スキルも問題なく、やはり体が覚えていますね。スムーズに水中散策へ。
弟Y君(大学生)、兄R君(社会人)、父H氏

ブルーラグーンは透明度18mくらい!!なので、めちゃめちゃダイバーが多かったです。恐らく全ボートが出ていた感じ。

一時いなくなったオレンジバンテッドパイプフィッシュは増えています。求愛らぶらぶダンス中。

ウツボとここまで近づけるK氏(動物好きなのはわかるけど・・冷汗)。魔法かけてるのかな?

お父さんもR君もY君もみんなワイワイ楽しそうでした。素敵な家族です~。

休憩中、R君もY君も飛び込み。若いパワー炸裂!  (誤字発見→○美しかった)

お次はジェプン。透明度は15m。Hファミリー、きれいにまとまっています!父H氏は最後尾。いってらっしゃい。

ここもアカヒメジが増えてきました。

数日前のコブシメ産卵場所(珊瑚)に別の子たちが3匹集結。メスの取り合いをしているところにお邪魔。コブシメ的にそそる何かがこの場所にはあるのでしょうね。

昔からですが、K氏はゴマモンガラも大好き。いや、ゴマとの戦いが好きなんです・・苦笑。ゴマは本気で襲ってきますが、K氏はそれが楽しくてしょうがないという・・戯れ?

Hファミリーは2ダイブで終了です。ありがとうございました。
晴れてて良かった~

ビーチでランチタイム。ダイビングはお腹が減ります。

ご飯の後は、K氏と4ダイブ目。アカククリの幼魚、クモハゼの仲間、クシノハカクレエビなど。二人で海況の良さをかみ締めながらダイビング(笑)。

で、宿のあるアメッドへ帰ります。もう爆睡であっという間に到着。
どしゃぶりアメッドでナイトダイブはまだできず・・。結局ナイトは全て中止の年越ダイブ。こんなの初めて。

お部屋でマンディをしていると、それは突然やってきました。
 停 電 

どうやらアメッドエリア全域。一時的かと思いきや復旧せず。水中ライトやスマホライトを使用。ネットもつながらなくなったので、基地局も停電になっちゃったよう・・・。

どしゃぶり雨&停電の中でK氏とディナーです。防水水中ライトが大活躍!!トンカツ+ご飯2つ(炭水化物ラヴァー)。結局2,3時間の停電となりました。たまに停電になると電気のありがたみに気づけます。バリ島生活、ボケにくいかも(笑)。


Related Posts

Posted by 店主