エキジットは浦島太郎

ダイビング

昨日はクニンガンでしたがトランベンへ行ってきました。
波少し、流れ少し、透明度15m~18m、水温28℃
最初は誰もいませんでしたが、あとからアメッドより西洋人ダイバーが3名来ていました。
天気も海況もよく最高です。
IMG_9268

ハナダイ、スズメダイ、タテジマキンチャクダイ、ハナミノカサゴが集まっている根もきれいでした。
水底からの真水で、水中もかなりもやもやハロクライン。

IMG_9231

擬態上手なバサラカクレエビ

IMG_9243

ハゼゾーンも面白かった~。
種類によって棲み分けされているようで、ここはサラサハゼ地区。
普通の白サラサ、茶サラサなどもいたのですが、わーーい、スフィンクスサラサハゼがペアで!
相棒がホバリングしたので、近々インスタでUPします。

Snapshot_526

キンチャクガニ!探してないのに現れた。ラッキー
チアガールみたいなキンチャクガニ(ポンポンクラブ)。
両手に白いイソギンチャクを持っているのですが、あれー、一つしかない!
落としたの?

一瞬でしたが、キンチャクガニ証拠映像(19秒)。あたふたしてる店主。

IMG_9291

ホストも充実

IMG_9296

えびちゃんたちなんとなく見えますか?みんな生きてる。

IMG_9329-001

最後は1cm弱のカエルアンコウちび。

そして、ビーチからだったので普通に上がろうと思い水面に顔を出すと、
空はグレー、雨、そして大波で世界が反転していたのですよ。
別世界に来ちゃった錯覚
エントリーの時は青空で海穏やかですから。
もうねー、浦島太郎の気持ちがわかった。
転ぶだろうけど、まー、エキジット。
やはりこけました。
そして後ろからの波をもろ受け、マスク持っていかれちゃったのですよ。
茶色の波の中で回収は不可能。
相当使ったマスクだけど、愛着あるのであきらめたくないな~。
でもね、地形的に浅場の岩場に100%沈んでいるんです。
特にマクロ派ダイバーしか行かないポイントなので、絶対波がおさまれば見つかるはず。
現地のポーター家族にも見つかったら連絡くれるようにお願いしてきました。
もちろん見つけてくれた方には現金のお礼を差し上げると・・。

ま、見つからなくてもきっと誰かが使うでしょうし。
どっちでもいいや。
なんとなく見つかる気がしています。

海況の急変、自然相手ですからたまーにあります。
今回は店主たちイントラだけだったので、こけるのはいいんですけど。
もしゲストが一緒だったらどういう手順を踏むかなど、バディと真面目な話も。
その場合は、時間かけて一人ずつエキジットですね。

Posted by 店主