昨日のトランベン 日帰り3ダイブ

ダイビング

昨日のトランベン水中報告です。
ジャカルタM氏とマンツーマンです。
1本目、穏やかで一番透明度も良かったのに、カメラを付け忘れたぼけぼけ店主。
遠くからでもリバティ号が見えちゃう!!

2本目、ボートが来るはずが来ないのでビーチエントリーに変更。
でエントリー寸前、ボートが来ちゃったーー。
予定通りボートダイブ。インドネシアあるあるで、臨機応変に「店主たちが適応」せねば・・。
こちらも透明度よいな~っ。岩場は透明キラキラです。

IMG_6202

抱き枕にしたい大きなアデヤカバイカナマコ。
M氏が見れなかったけど、ウミウシカクレエビが付いていました。

IMG_6211

入る前にナポレオンが見てみたいと言ったら出てきたナポレオン。

IMG_6219

ブルーリングのローランドダムゼル幼魚いっぱい!!

IMG_6228

たまーに会えるイナズマヤッコ。

IMG_6235

立派な触覚ですね、ゴシキエビ。
この隣の穴に美しいシモフリタナバタウオがいたのですよ。
隠れちゃうので粘りましたが、警戒心すごかったですね。


で、安全停止中、今度はナポレオン親子?が出てきたのですよ。
ラッキーすぎるM氏。これぞ言霊の力。1ダイブで3匹。

3ダイブ目は大波エントリーに成功直後
IMG_6262

ゴマモンガラに襲われたM氏。
5月だから大丈夫だと思ったのですけどねぇ・・。
落ち着いているし、経験値が高まっていくM氏。

IMG_6269

透明度は落ちましたが、タカサゴの群れとかササムロの群れが次から次へと・・。

IMG_6277

くぐるM氏

IMG_6283

人がいなくて静かな沈船

IMG_6335

大きなアカマダラハタはずっとここにいました。
かわいそうに恐らく病気です。お腹にはコバンザメ。
カンムリブダイも病気の時は、ここで同じ行動をします。
なぜここなんでしょう?
とにかく、早く治りますように。
エキジットは波がだいぶおさまっていて転ばずに済みました。

この他にもワヌケヤッコ、ロクセンヤッコ、アカククリ、アカヒメジ群れ、ヒラニザ、ミナミギンポ、カマス、コショウダイ、ヤッコエイ、ブルースポット、ハタタテハゼ、オオクロテナマコ、ゼブラアナゴ、ウメイロモドキ群れ、グルクマ群れなど・・。
久しぶりにリバティ号に入りましたが、地形も生物もどんどん変わっていますね。
チンアナゴたちにも変化、あったはずのクマノミがイソギンチャクごとなくなったり、なかったカクレクマノミがイソギンチャクごと船体にくっついていたり。

水中も陸上も楽しかったです。
朝早くからありがとうございました。

Related Posts

Posted by 店主