新月のバリ島です。お供え物がわんさかです。

昨日のヌサペニダ報告です。
メンバーは、東ジャワT潜水チームの隊長含む3名様、マイケルイントラ、ハンスダイマス、そして店主。
天気よし、水面穏やか、それだけで朝から一安心。
まずマンタポイントで2ダイブ。
うねりもほとんどなく水温も26度。
2ダイブとも、単独出現ばかりでしたがマンタ5枚ぐらい見れました。
よかった。
そして、次はクリスタルへ。
まだマンボウはいないだろうなと思ってたら、やはりいませんでした。
しかし、透明度が素晴らしくよく、それはそれで大満足。
ゲストは、シーホース撮影で盛り上がっていたようです。是非、送っていただきたいものです。
それにしても、Upin人形も乗船し、愉快なチームでした。

あ、そうそう!マンタを待っている間、岩穴から出て水底を泳ぐサメ発見。
えっ、何サメ?
店主が一番遠かったのですが、とりあえず遠くから1枚写真をパチリ。
上がって西洋人チーム、マイケルとハンスに聞くとナースシャーク(コモリザメ)じゃないか?とのこと。
図鑑やネットで調べましたが、どうもナースシャークじゃなさげ・・・。
店主も写真1枚しかとってないし、どうも特定できない。

そこで北大のサメ博士・仲谷一広教授へお問い合わせしてしまいました。
ありがとうございました!

答えは、イヌザメ。
学名はChiloscyllium punctatum,英名ではBrownbanded bambooshark 分布的にもあってるらしい。
でも、店主が知ってるイヌザメと全然違う・・・。
理由が分かりました。
店主がこれまでイヌザメと思っていたのは、イヌザメの幼魚だったよう・・。
5月は、スラウェシ島・マカッサルのレストランで見ました。
大人は、黒と白の模様がかなり薄くなり、ぱっと見グレー。
だから、マンタポイントにいたのは、イヌザメの成魚。
幼魚と成魚、大変身タイプ。
仲谷教授よりメッセージバリ島付近でいろいろなサメが見られるはずです。
メガマウスも目撃されているので、注意していてくださいとのことです。
店主、間違いなくメガマウスまだ見てません。