札幌からお越しのZ子さん、スラウェシ島よりお越しのKさんとパダンバイへ行ってきました。

店主も含めて、3人とも100%道産子Day!!

暴風雪被害がひどかった北海道から、よくぞ南国へいらしてくださいました。

 

バンドつながりのお友達仲間だとか・・・。
Kさん、登山、ダイビング、音楽・・・・趣味広くねー?笑

 

Kさんは、今年お正月にブルバラでCカードを取得したのでファンダイブですが、Z子さんの体験ダイビングに同行を希望。
水中カメラ持参です。

本日のパダンバイは、穏やかでした。波なし、流れもなし、水温28℃、透明度20m、漂流ゴミなし。

 

Z子さん、最初水面でびびりましたが、5分ぐらいで慣れました。

さすが山登りが趣味でもある冷静なZ子さん。

入ってしまえば、これ好きマークが連発。

カラフルなブダイや立て泳ぎのヘラヤガラが好みのようです。

1本目から飛ばして、43分。

 

 

 

水面休息

まったり水面休憩。太陽が出てくれてありがたかったです。

ジリジリ焼きました。 

明け方のサヌールどしゃ降りが信じられない。

 

さて2本目。

バックロールエントリー

K氏、初のボートダイビングですが、慣れてきました。

体験のZ子さんもバックロールエントリーに挑戦。

あっぱれ、道産子!

 

 

ロープ潜行

 ロープつたって潜行。

日本から友達が遊びにきてくれるって幸せなことですよ!

 

 

 

なまこ

 Z子さんが反応した大きなナマコ。

 

 

美しい

K氏、ログ8ダイブ目とは思えません。ちょうど2ヶ月前の講習ですねぇ。

自分の教え子が美しくダイビングしていると、幸せな気持ちになります。

 

 

今日のエダサンゴ

 今日のエダサンゴ群生。

 

 

記念撮影

札幌100%。この余裕の微笑み。 いいですよー。

 

 

道産子

Kさんも撮る、撮る、撮る。 

講習時から中性浮力うまかったなぁ。

 

天国です

 安全停止はエダサンゴでまったりでした。

 

 

終了記念

お疲れ様でした!(100%札幌)

 

 

3日前、登山が趣味のお二人は、バリ島で一番大きいアグン山(3031m)登頂をやったそうです。

夜中にパサールアグンから出発、日の出を拝むツアー。

店主は、その日トランベン帰りのどしゃ降りに当ったので、暴風雨状態だったことは覚えています。

普通のバリ人だったら『雨季は止めておけ』と言うわけですが、ツアー会社は催行してしまうわけです。

山の怖さを知っているKさんとZ子さんは、フル装備で挑みました。お二人のガイドもフル装備。

もう1組は、フランス人4名がジャージなど軽装で参加。そのガイドも軽装。

 

雨と風で体感温度は下がるだけ。

ツアーは寒さで大変なことになったそうです。

フランス人組は、軽装のため、冷えていくだけ。

状況がかなりやばいんじゃないかと思い、泣き出すおじさんもいたそうです。

泣きながら、フランス語で恨みの言葉を吐いていたそうな。

そして、自分のガイドとも険悪になり、フランス人仲間でも分裂が始まったそうな。

まあ、最終的には事故にならずに済んだからよかったと思います。

全身フル装備だったKさん&Z子さんは、その様子をずっと見ていたそうです。

 

『難しいツアーに簡単に行ける』とか、そういうウェブサイトには気をつけましょう。

ダイビングも然りです。