バリに滞在中のスーパーリピーターのS子さんと水中写真ツアーに出ていました。

1泊2日6ダイブ。前回、かなり気に入って頂けたジュムルックビーチを入れて、トランベンに1泊。

 

まだまだアメッドは海況抜群。水温30度!波もなく穏やか。透明度は20m。

S子さんより、写真が上手になりたいと相談を受けて、陸上でも水中でもアドバイス。

*今回、真剣に相談されました。

そりゃ高いカメラで撮ればいい写真は難しくないです。

店主のモットーは、『自分が持っているカメラで最大限のモノを撮ってみよう!』

カメラはきりなくいろんなモノが欲しくなりますし。

そして、写真はその撮影者の感性だとも信じています。

マンボウの写真が100枚並んでいても、マイケルイントラが撮影したマンボウ写真1枚を言い当てることができます。
自分で当てたことがあり驚きました。

『その人らしさ』は隠せないものです。

 

ですので、ガールズ二人でカメラを持って、撮影しまくり。

同じ被写体を写してみて、上がって反省会。違いは何か、どうすりゃいいのか。

店主はプロではありませんが、水中という特殊環境、自分の経験で知っていることを伝授させて頂きました。

カメラ工学については一切分かりません・・・笑。

 

浅いので60分以上のダイビング。

一つの根で被写体が詰まりすぎ。たのしーっ。

店主は2ダイブ120分、ほとんどこのシマカスリハゼ2cmと戯れました。

最初はもちろん臆病で隠れてしまいますが、30分ぐらいで店主に慣れてくれました。

後半は30cmぐらいまで寄れるまでに。

相手も適応能力があります。

 

S子さんは、チャンテッィクエビをとっているようです。

 

癒しのデバスズメダイ

 

 

普段は2cmのカリントウ風で地味だけど、背びれが開くと美しい。

 

あら、ゴーストパイプもいたっ。無防備すぎ。

 

120分で劇的にS子さんの写真が見違えるようにーーー!

本人も大喜び。新しいカメラを買わなくても、こんなに撮れるってことがわかって頂けました。

そして自分のカメラに愛情が湧いてきた瞬間。

 

次のトランベンへ移動します。

べたなぎ、いえーい!長めの休息後、ナイトダイブです。

 

気持ち悪いものが好きなS子さん、エントリー前に『夜のウツボがみたいなー』と言ったらすぐ遭遇。

全身1.8mが露出。S子さんは初めて全身を見たそうで、大感激。

フツー、ダイバーは怖がるんですけど。苦笑

しかも、お友達アカマダラハタと、ずーーーーーーーーーっと一緒に50mほど沈船を捕食しながら活発に移動。

笑っちゃうシーンです。

これ、沈船ナイト限定。

 

田舎トランベンですから、夜になるとレストランにヤモリやゲッコーが壁に現われます。

それも真剣に写真撮影。
あーだこーだと寝るまで写真で盛り上がったガールズでした。