連日デンパサールの日が続いています。今日もデンパサールの日。いろいろ書類をコピーしてレッツゴー。  

まずはレノン地区の警察管轄。バイクのSTNK (車両税)を支払いにサムサット事務所へ。 去年のSTNK更新についてはこちら

今年は受付が変わってた!太った優しいおばさん(警察官)がいない。 厳しいかたい感じのおじさんが二人。まずい・・・。

予想通り所有者のパスポート原本がないのでいちゃもん付けられましたが、店主のごり押しにおじさんら負けた。

やっほーーー。

いちゃもんのせいで今年は所要時間が25分。 去年より5分オーバーですが、インドネシアにしては早いお仕事。2003年のバイクなので年々安くなり今年はRp.179.000 (約1500円)。  

 

二軒目は、デンパサール・スプラットマン通りにあるバリ州警察本部へ走ります。

店主のキタス(ヴィザ)更新が終了したので、そのご報告を警察へしなければなりません。

とても大きな警察で分かりにくいですが、横のモスクにところに駐輪するとそれほど歩かずにすみます。

今年は奥の2階にお部屋が移動していました。

目的の書類名は、SKLD (Surat keterangan lapor diri)

ただの更新の場合は

・パスポートコピー

・キタスコピー

・IMTA(労働許可)コピー

・ブルーブックコピー

・去年のSKLD原本

・写真4x6cm4枚(今日は2枚でいけました)

所要時間10分/ Rp.350.000 (約3,000円)  

 

店主:『SKLDってとってない外国人多いと思うんだけど、毎年報告しないとどんな問題になるの?』

警察:『んーーーーーーーーーーーーっ、分からないけど問題になるよ。』

店主:『そうか・・。』 と、また具体的なことは聞けませんでした。

キタス取得をエージェント任せのところは、この部分やってくれてないこと多いですよね。

って、店主もそれにだまされてたことあるんですけど。  

SKLDのお部屋に入るととてもアットホームな雰囲気。

全員、おばさん警察官で見慣れた顔・・・。

テーブルの上にはたくさんおやつが並んでいておいしそう!

日本では考えられないお仕事部屋です。  

これ仕事机です。熟してないマンゴーを事務用カッターでむいているところ。

ビニール袋の中身は黄金セット。赤い唐辛子、トラシ(エビ醗酵食品)、塩。

黄金セットを混ぜて、すっぱいマンゴーをつけて食べます。

食べる?と聞かれて、もちろん店主は頂いてきました。

すっぱいマンゴーも好きなので、おいしい!というと、お土産に一玉持たせてくれました。

こういうところがインドネシア人のよいところ。

警察に行くのが楽しみになります。

 

 サヌールに戻り、銀行へ。 あんたのところのクレジットカードはもう要らない!と投げつけてやりました。

銀行内が、しーーーーーーーーーーーんとなった瞬間。 久々に本気で切れちゃいました。

その後、お詫びの電話が入りましたが、もう要らないものは要らない!

問題から解放。すっきり店主です。  

銀行近くに滞在中のリピーターS子ダイバーのところでガールズトーク。

次のダイビング予定をたてます。

日本のスイートポテトが体に染みましたー。  

 

税務署、投資調整庁の報告書(12月末締め切り)が残っています。

忙しくなる前にレノン地区通いを終わらせないと!

しかし、イミグレーション、市役所、警察、法務局、税務署・・・・真面目になったなーと思います。

役人自体はポケットマネーを要求しないですもんね。

間接的には残っていますが・・・。