埼玉よりお越しの若い女性MさんとNさん、そして広島よりお越しのリピーターM氏でトランベン沈船へ行ってきました。M氏は、4−5年前に一緒に潜らせて頂いて、それから一度もダイビングする機会がなかったそうな。しかもログ本数は10本で止まったまま・・・。さてどうなるか?スキルチェックさせて頂こう!MさんとNさんは、去年のサイパン旅行での体験ダイビングに引き続き2回目。現地グロットでは体験ダイビングを催行しているんですね・・・知りませんでした。店主は、難しいポイントだと認識しておりました。

トランベンへ到着してみると、波が高め。体験ダイビングチームは、エントリーから苦戦を強いられました。しかし、3人とも沈船がリクエストポイントでしたし、入れないこともなさそうなのでGO。今日も、ダイバーでごったがえしている沈船ポイント。 偶然現地で出会った東ジャワ潜水チームの皆様、エキジットのお手伝いありがとうございました!

心配された波は1本目高く、2本目はだいぶマシになりました。10mぐらいまでは透明度が12mでうねりあり。15m以深は透明度が抜けて20−30mで穏やか。水温は27℃で、エントリーとエキジット以外はとてもよかったです。

 

陸上記念撮影!ゴロタ石エキジットを手伝って頂きありがとうございます。

 

 

M氏が好きなチンアナゴ。1本目はみんななぜか顔を出さず。2ダイブ目から出始めました。

 

 

2本目は多少の波にも慣れてスムーズエントリー。みんなで水中記念。

 

 

久しぶりのダイビングでしたが、M氏は全く問題なし。ぴったり付いてきます。

そして、生物に興味津々。

ブルパラオリジナル『これ好き』ハンドシグナルがダイビング中いっぱいでした。

 

ロウニンアジの後をカスミアジが続き、その後にコガネアジ・・・。ギンガメアジは不在。 

 

 

 体が覚えているんですね。まだ10ダイブとは思えません。

 

 

M氏はホヤ好きです。3回ぐらい『これ好き』を出してくれました。

半透明よりは青いホヤが好きなんですよね?店主には分かりました。

 

 

魚影が濃くて素晴らしいトランベンでした。

 

ナポレオン、珍しく大きなカンムリブダイは浅瀬でずーーーーっとお食事中(サンゴをガリガリ)、ハナヒゲウツボ幼魚、ヤマブキスズメダイの幼魚、オランウータンクラブなどをじっくり観察。 

 

体験ダイビングのMさんとNさん、バリ島には昨日やってきて明日帰国という弾丸ツアー。丸一日使えるのは中日の今日一日のみ。そんな貴重な時間をトランベン体験ダイビングに割いて頂き、感謝です!次回は是非渋滞が少ないサヌールに泊まってください。丸一日、ご一緒にダイビングさせて頂きありがとうございました。