昨日、両替商や銀行まわりをしました。

ちょっと円安の動きの数日間。
でも、まだ1ドル90円台ということ自体信じられません。
いつ100円台へ戻るのか??祈
店主と同じ願いの人がほとんどなのでしょうね。笑

昨日は、
1ドルが91〜92円
1ドルがRp.9300
1円がRp.102

日本でまだまだ円が必要な店主は、円の現金が入るとどんなに為替がよくても両替しません。
日本へ帰る友達にお願いしてしまいます。
たいした額じゃないけど。笑
円は強い、素晴らしい。
店主は極力使わず、円紙幣は生まれ故郷日本へ返します。
102だったら、両替していいぐらいなんですけどね。
んー、為替としてはいい。
だけど、もったいなくて両替したくないです。

ドルは持っていても結構使えます。
ダイビング機材などは、ほとんどドル表示。
国際線エアチケットなどもドル。
1ドルRp.10.000超えると、絶対ドル紙幣で支払いたい店主。
今の9300って、ルピア換算してもらってルピアで払うかな・・。
ルピアへ両替はしたくないですね。

さて、久々銀行へ。
利率はどうなってるんだ?
下がってるに違いないけど。

利率のよい1ヶ月定期比較(2月19日現在)
BNI銀行   年利 5.5%
PANIN銀行  年利 7%(お得意様じゃなかったらもっと下がります)

一時10%近くまであったことを考えると下がってます。涙
日本と比べるとかなりよいですが。

村や地域に必ずある銀行だと10%分離課税なしだとか。
これ、ローカルが預けてますね。小額からできるみたいです。
外国人もOKらしいです。

定期のすごさ

例えば、円で考えてみます。
100万円を1年間預けるとPANIN銀行の場合、7%ってことは7万円。
分離課税20%は同じなので、実質56,000円。
それを12ヶ月で割ると、1ヶ月4,666円。
これすごくないですか。
1000万円だったら、月46,666円です。

よく、ルピアは危ないとか、インドネシアの銀行が危ないと言われます。
店主らはインドネシアに根を張り生活基盤はルピア!
ルピアで生きてるものとしては、円に両替しようと思わない限りそれほどキケンを感じません。
銀行がつぶれる可能性?
そのために、いくつかの銀行に分散します。
預金の保障もあるらしい。
200万円ぐらいまで(Rp.200.000.000)。
嘘か本当かは実際つぶれてみないとわかりませんね。笑
店主がもし死んだらどうするのか?
身内が受け取ることができるそうです。