ここ3-4日、天気が不安定で雨ばかり・・。外出しようと思うと降ってきたり、外出先で雨宿りを強いられたり。普段でもずれずれの予定が、益々狂うバリ島の雨季が本格的に到来です。予定は、びっしり、カツカツに立ててはいけません。

サヌールの和食処『KOKOYA』でHさんとミーティング。

アボガドジュース Rp.13.000 + TAX16% (約130円)

甘すぎずおいしかった!!

雨が止まないので、もう一つ注文

抹茶アイス Rp.12.000+TAX16% (約120円)

久しぶりに抹茶アイスを堪能。

 

こうして見てみると、昨日は『モスグリーンの日』だったようです。体が欲していたのでしょう。

 

 夜は、Nさん宅へ用事があって行くと

カレーを作ってくれていました。もちろん、ベジタリアンカレーライス。Nさんも赤米を混ぜて炊いています。おかわりして2杯のカレー!!人が作ってくれたものは、おいしい。

夕食中、2時間ほど激しい猛烈な雨&雷。雷が嫌いな店主は、ゴロゴロなるたびに『ひーひー』言いながら、おいしいカレーを頂きました。

雨が少しまともな降り方になってバイクでの帰路。カッパの一日。本来10分の道のりが40分。サヌール・インタラン地区辺りで『ふくらはぎの水位』・・・まだ進める。ゆっくり前進。視野には、お店から一歩も出られない人もたくさんいるようだ。曲がってあとはBatursari通りに入るだけ・・・・20m先に見えているが、超難関ポイント。どうやら『水位は膝丈』。濁流の中、こけてエンジンかからなくなった人たち、バイクを押している人たち。立ち止まって、みんなにどうするか聞いてみると、『どうしていいか分からない』とローカルも答える。マフラーに水が入ってしまうと厄介だというし、その修理代など頭をぐるぐる

『バイパスへ戻ろう』

かなり遠回りになりますが、今頑張った『ふくらはぎ水位』を戻りバイパスへ。バイパスも一車線がやっとという感じ。縁石側は車線は走れず。もう海面のように波がたってる。

なんとか自宅までたどり着きました。しかし、我が家だけ、停電。真っ暗。水中ライトで雨漏り箇所を調べると、南側3部屋全滅。数cm冠水。いつもの漏れと違うぞー。ショッキングな光景続きで、逆に冷静になれる自分がいます。ブレーカーも何度か上げてみましたが、爆発音とともに全く駄目。感電死もあり得そうなので、電気は諦め水中ライト一つで何もせずに寝ることにしました。豪雨のニュピ状態。

今朝、大家が電気会社の人間を連れて来てくれました。早い対応に感謝。やっと電気が開通!冷蔵庫の中身も腐らずに済みました。異常な雨漏りの原因は、屋根の瓦が壊れたり動いてしまっていたこと。先日のバリ島地震のせい&この1年急速に増えている近所の猫たちのせいでした。猫の急増は、狂犬病の発覚で、この数年、犬が一斉に駆除された結果だと店主は思っています。この1年、野良猫たちの通り道になっている我が家。これ何とかせねば。近所の人たちも雨漏り被害がひどく、『猫』と怒っています。

猫は殺さないバリ人といわれていますが、どうなるんだろう。看板猫・ダコがいるのでちょっと心配になります。

しかし、電気があるって幸せです。ありがたい。