バリ島は、「鉄の神様」の日。
バリ人は忙しそうですね。

アグン山麓に新しいお寺ができたそうで、そのお祝い?
なのか、カランアサム県に入った途端、ペンジョールだらけ。
美しいです。

 

 

本日のゲストは、東京よりお越しのT氏&Mさん、はじめまして!
そして、ジャカルタ在住リピーターT氏、スラバヤ在住リピーターMさん&K氏ご夫妻。
皆さん一緒にトランベンへGO。
渋滞もなくあっという間にトランベン着。

本日のトランベン、海況よし。
波なし、流れ少し、透明度15m、水温27℃~28℃。
数日前より透明度が上がりました!

ベテランリピーター組と東京ビギナー組に分けてダイビング。
店主は、東京組を担当させて頂きました。
1本目はギンガメアジを見に行きます。

エントリー時、T氏のマスクですったもんだしましたが、調整してエントリー。
不安がっていたMさんが、意外にも安定。ばっちり。
その間、少し流れてしまいましたが、水中移動してギンガメ探し。

いた~。
ほっとした店主。

 

浅瀬で透明度も良かったので、数日前より撮りやすいです。

 

だけど、ちょっと群れが小さくなったかな???

 

T氏のマスク、うまくフィット!

 

もう少しギンガメいるはずだよな・・・と進むと

より大きな群れがいました。

 

二つに分かれていたのね~。

 

ロウニンアジが今日は2匹。
出たり入ったり。大迫力。

 

Mさん、T氏、見えません。
ベテラン組は小さなカエルアンコウを見たそうそうな。

 

こんなにかわいいバリ犬子供が・・・。
人間の子供のおもちゃになっていました。涙
見ていられないほど・・。

 

バリご飯で、お腹を満たして2本目は?
ベテラン組は、ドロップオフでピグミー撮影。
東京組は、沈船リバティ号へ移動。
店主も沈船へ。

チョウチョウコショウダイの幼魚1cm。
深場では、ホワイトティップリーフシャークが行ったり来たり。

 

2本目、こんなに安定したお二人。

 

ムスジコショウダイの群れ。

 

Mさん、本当に楽しかったそうです。→ログブックに書いていた!
(これまで、冬の日本しか知らない)

 

 

オニカマス、クリーニング中。

 

エキジット寸前、クチナシイロウミウシ3匹(大・中・小サイズ)。

 

 

ランプヤン山前で記念撮影。
皆様、ありがとうございました。
Mさんの新しいワイドレンズ、どうだったのでしょう??