この国を2000年から見ています。
振り返ると、長期スハルト独裁政権が終わり(98年)、あちこち民主化。
人々は好きなことが言えるようになり、最初のころはデモが多かったな。
民主主義の意味わからないのに、叫ぶような学生たちが多かったです。
スラウェシ島に住んでいた時は、一時、避難させられたこともあります(田舎へ疎開)。
小泉政権の時ですよ・・・アメリカ寄りだった日本のせいで、店主たちの立場も悪くなってしまいました。

バリ島に移ってからは、同じ国内でも文化も仕事も完全に変わってしまったので、デモなんかは間近に見ることはなくなりました。
バリ人はそういうことをやっても自分たちにとって不利だと知っているんですね(90年代後半にやって懲りている)。
ここは、世界的な観光地ですから。

物価はがんがん上がり続け、最低賃金も比例して上がりっぱなし。
経済も発展中で、やはり2億5千万人の消費はすごいなと感じます。
子供数が減り、中流層がだいぶ増えたかな?
旅行をするイ人が増えたし、イ人ダイバーも増えたし、子供を塾へ行かせたり、生命保険や学資保険に入るイ人家族も増えてきた。
スマホは当たり前、車、バイクの普及率もすごいですし・・。

そんな激動の中で、役人も少しずつ、ゆっくりだけど、変わってきている?かも?
この国は、『役人=賄賂』というのが国民には染み付いています。
『役人=賄賂』と『複雑すぎる手続き』のせいで、エージェント業(手続き代行)が発達してしまったのだと思われます。
ものすごい不信感があるので極力役所というところには近づきたくないのですが、小さくても会社を経営している以上、避けて通れないわけです。
直接接触したくないので、ほとんど店主はエージェントを使っています。
(昔、自分で手続きして、高い勉強代を何度も払っているので・・)

去年、会社の書類更新があり、エージェントに頼んだ訳ですがそのうちの一つが未だに終わらない。
去年の7月に終わる予定だったのに・・・もう一年。
こういうのは、思い出すと結構なストレス・・・。
電話、メール、SMS、WA、すべて連絡が途絶えました。
就労キタス延長に関係ない書類なので、連絡がとれなくても店主も急いでいなかったのですが、お金を払った瞬間連絡が途絶えたのでむかつきます。
お金返せー。
どうやら、金欠病だったそいつにお金を持ち逃げされちゃったようです。
エージェント会社も同じ時期に辞めているそうで、被害者は店主の他にもう一名(バリ人)。
エージェント会社もスタッフの犯行に困っているようですが、日本のように社として全部責任を持って終わらせてくれそうにない。

ってことで、店主がその役所へ状況把握へ行くことに。
これじゃ、エージェント使った意味がない!
どこで手続きが止まっているのか?

担当A氏とG氏がいるある一部屋に通されました。
あれ、昼間なのに10名ぐらいの役人が仕事しているではないですか。
担当官は店主のことを覚えていてくれたので、話は早かったです。
事情を話すと・・・10名一同に
『えーーーっ、もう一年も経つね』
『お金持ってかれたんだ』
『アナタ、かわいそう・・』

で、店主はどうすればいい?
手続き書類は全部、あいつが持って行っているんです。
これから警察に被害届け出そうと思っているんですが・・。

エージェント会社があいつから書類を取り返し、直接役所へ明日来て
この役人A氏やG氏が、きちんと手続きを完了してくれると約束してくれました。
警察は行かなくていい、もうそいつを使わなければいい、と。
警察に突き出さないバリ人、優しいな・・。
典型的バリ風解決。

7,8年ぶりに行った役所。
当時は、みんな外出してて誰も働いていなかったのに、今日は活気がありました。
役人、変わってきたね。
今日の対応には、本当に感謝です。
これぞ、役人!!
これは現ジョコウィ大統領の成果だとか。

 

お庭もきれいで思わずパチリ。
うちのスイレンはいつ咲く?
一つ問題が解決しそうで、清清しい。

 

確認したいことがあったので、ついでに税務署も寄ってみました。
税務署内には、『私たちは賄賂を受け取りません』という看板があちこち。
毎回、噴出しそうになります。笑

朗報:7月売上分から法人税率下がります!微々たるものですが助かります~。
何でも上がるこの国において、『下がる』なんて信じられず、裏があるのではないかと確認でした。
店主:『政府は税収が少なくて大変なのに、なんで下げるの?』
職員:『わかりません。中央が決めたことに従うだけです。』
決定に疑問を持たない部分はNGですが、2階のこの職員、かっこいい!

 

 

サヌールに戻って近所で渋滞。
伸びすぎた街路樹をわさわさ切っている。
こういう恩恵受けているんだから、国民の皆さん税金払いましょうね。
ゆっくりですが、役人もクリーンになってきていると感じます。
昔はヒドカッタけどね。