東京H氏の3日目は、桟橋Jettyへ。
そして、去年まで長いことサヌール在住だったY氏&Rさん。
お久しぶりです。
また、こんな日が来るなんて思ってなかったです。

ベテランダイバーたちなので、さくさくっと準備してポイントへ移動。

桟橋は、釣り人少なし・・・。
店主組がボート一番でした。
後半、ダイバーが入ってきましたが。

 

Jettyの海況よし!
波なし、流れなし、透明度10m、水温25℃~26℃
群れ群れエントリー~。

 

ニライカサゴ

 

 

ゴマモンガラが何かくわえて持って来たものに、テングハコフグが群がります。
ゴマ、こういうことには怒らないんだね・・。

 

 

オランウータンクラブ

 

 

久々カエルアンコウ(オレンジ!)・・・またみんな戻ってきて。祈

 

 

コバンザメ・・・くっついているわけじゃないんですね。

 

 

まだ子供ぽいコブシメ

 

 

キカモヨウウミウシがつるむ

 

 

シマヒメヤマノカミ・・・黄色入りは見つからず。

 

 

ゴンズイ玉、なぜ、そんな浅瀬中層に?

 

 

子供サザナミフグ

 

海況が良かったので、楽しい!!
ロングダイブでしたが、それでもまだ潜り足りない感じでした。
Rさん、1年半ぶりのダイビング、ダイブコンピュータがなぜかエラー表示。

2本目はドロップオフへ移動。
波あり、流れ一部あり、透明度12m、水温24℃~26℃。
暖かくていい!

いろいろ探し物しながら、ウォールへ入ります。

 

 

1年半ぶりでドキドキでしたが、やはり何百本ダイバー?なので問題なし。

 

H氏とツマジロオコゼ1号
もう、うねりの中でよったよた。

 

 

ツマジロオコゼ2号は、ちょっとピンク入り。

 

本日のメンバー、うねりの中でも、それぞれに楽しめます。

 

 

先日、タコの交接があった現場を覗くと・・。
1匹、現場にいる!!
この後、水面に上がると、波がばたばた~(昨日と同じく)。
皆さん上手に落ち着いてエキジット。

 

無事終了。お疲れ様でした!

 

 

アグン山に近いトランベン・アメッド方面のツアーを自粛しているショップが多いため、パダンバイが激混み状態。
ボートも全く足りないようです。
本日は、他店とボートシェアリング。
「50人グループを断った」「今日は3社断った」とボート会社が大忙し。
ボートも足りず、水中のダイバー数は多く、レストランも知らないショップや団体ダイバーで溢れ、道路は更に大渋滞。
アグン山の影響で、閑散とするところ、激混みのところ、くっきりです。

H氏、3日間ありがとうございました。
Y氏&Rさん、懐かしい話がいっぱいでした。