ジャカルタ時代、様々な伝説を残していったK女史2日目は桟橋Jetty&パダンバイです。
日本から近所に引っ越してきたMさんも参加。
そして、デンパサール在住YH隊長もK女史とダイビングで再会。

桟橋Jettyの海況よし。
波なし、流れなし、うねりなし、透明度12m、水温26℃
釣り人は20名ほどと少なし。

桟橋下で美しくエントリー。
(Mさんにとっては初ポイント)

 

 

モンハナシャコがらぶらぶ。
かぶさってました。

 

ニジギンポの棲家がかわいい。

 

まだ若手コブシメの激しい交接

 

乾季・愛の季節なのか、ヨウジウオまでが求愛ダンス?

 

 

これは見たかった!
シマヒメヤマノカミ(黄色入り)
今なら、2匹並んでいます。

 

 

2本目・3本目はパダンバイへ。
2本目穏やかでしたが、3本目複雑な流れ、3本目波あり
透明度10m~15m、水温24℃~27℃

残念ながらボロカサゴは見つからず、その代わり大きな1m級のアカエイ1枚を観察後・・・

水深18mで前方からやって来た他店のお客様(4-5人グループ)。
寒いのに随分露出してるな~と思ったら、このダイバー、何も着ていない。
丸裸??
必ず片手はふさがっている状態でダイビングしていました。

よく水着だけでダイビングしている西洋人ダイバーは見ますが、何も身に着けずにダイビングしているのは初めて見ました。
うまく隠してくれていますが、あまりに生々しいのでピンクにしちゃいました。
本日のログに皆さん書いたはず。
罰ゲーム?

 

 

ハダカハオコゼも5,6匹、この根にいますが、このカップルは成立のようです。
いつも一緒。

 

ちっこい1cm弱のテンス幼魚。

 

 

そして、タツノイトコちゃん
小さくて皆さんよくわからないながらも、ちゃんと写真は撮れたようです。

 

店主ショック・・・・。
ハナダイがたーくさん群れてた美しい根が、このブイ設置により潰されました。

もうちょっと想像力働かせようよ!

 

 

丸裸のダイバーが上がってきました。
どうやってエキジットするのか??
だって、手がふさがっていますからね・・・。
本日のゲストたちは興味津々(店主も含めて)。
答え:船頭がパンツを渡す。それを履いてエキジット。

 

 

太陽が出ていて気持ちいい船上ランチ。
世界にはいろいろな人がいますねぇ。笑

3本目、上げ潮と風の影響で流れが少しありそう。
まだビギナー本数のMさんも上手にエントリー。
マクロダイブやると、中性浮力も急成長。
ウェイトも3キロに落とせました!

オオモンカエルアンコウ、イシガキカエルウオなどを見た後、さっきの大きなアカエイがこっちにいるではないですか。
しかも2枚!

大きいので大迫力のらぶらぶ。

 

K女史が小さい。

 

 

本日2匹目のヒメオニオコゼ。
怖い顔してますが、胸鰭開くと彩り鮮やかでホント美しい。

 

 


皆様、お疲れ様でした。
今日は、いろいろあったので思い出深いダイビングDAYになりそう・・。
乾季版・愛の季節でした。
初ハダカダイバー見ちゃったし。
楽しかったです。ありがとうございました。