インドネシア在住日本人の間で、最近ぽちぽち話題にあがるNISSINのUFO焼きそば。
立て続けに2つの味が発売されました。
嬉しいことに、在住者より頂くことができて食べ比べてみました。
麺類大好き~。

今年6月に発売された日本ソース味(Rasa Saus Jepang)。
スラバヤのK夫妻より頂きました。
スパイシーマヨネーズはどうかなと思いましたが、濃すぎずおいしかったです。

今年10月に発売された カレー味(Rasa Kari Pedas)。
デンパサールのTさんより頂きました。
Tさんの評価が『イマイチ』だったので、期待せずに食べてみました。
店主は、まあまあの評価です。まずくはない。
ただ、焼きそばがカレー味じゃなくてもよいと思います。
焼きそばはソースで、カレーはカレーライスで食べたいと思います。

蓋を開けてびっくりでした。
これでもかってほどの薬味たち。
最終的には麺と交じり合い消えましたが・・・冷汗

そして、お湯を捨てる『湯きりシート』が蓋を開けた時に一緒にめくれちゃった~。
不覚でした。
改良の余地あるかもです。
Rp.10.000(約90円)ぐらい?で、リーズナブル。

店主の中で、カップ焼きそばの王様はこれ。
マルちゃんの『やきそば弁当』。
この写真は当時店主が買っていた頃のパッケージ写真(30年以上前)。

『大判』が出てきたら、もちろん大判を買っていました。
当時、部活で腹ペコでしたからね。
捨てるお湯が中華スープになるのも、当時嬉しかったです。

実はこれ、北海道限定商品だったということは知りませんでした。
この前、K夫妻から聞いて驚きましたよっ。
なので、日本でUFO焼きそばを食べたことがないのです。
上記の2つが人生初のUFO焼きそば!!

パン、お茶、カップ麺など、大手日系企業が現地向けに、ここインドネシアでも頑張ってくれています。
日本人として、応援してゆきます。