1年ぶりのヌサドゥア

オススメ, バリ島生活

本日は、珍しくヌサドゥアへ。なんと店主にとっては1年ぶりのヌサドゥアです。店主は普段、サヌール、デンパサールが生活圏、それとダイビングポイントが仕事場。

渋滞がひどいので、サヌールから最高南下しても空港が限度でしたが、どうしてもはずせない用事があったので気合を入れて(恐る恐る)バイクで行ってきました。

悩んだ挙句、12時前で暑すぎなのでマスクはしないでGO。埃まみれになること選びます。

 

連日大渋滞で大顰蹙中のロータリー付近。これ、ガレリア前かな。割とスムーズに通過。

いつの間にか、道が拡張されてたんですね。

うちの運転手から聞いていましたが、工事が本格化してホコリだらけ。おまわりさん、ほんとお気の毒。

 

 

なんと奇跡の40分で到着。

待ち合わせは、ホテルウェスティン。汗とホコリと排気ガスで、でろでろになった顔を直しにまずはお手洗いへ。

初対面の方々とホテルランチだし、粗相のないようにしないと。

用事というのは、店主の母からでした。札幌で自営業の母ですが、12年来のお得意様がバリ島へ行くので連絡があったら宜しくね、と。

全然、具体的でない店主の母です。

 

紳士2名様と自己紹介を兼ねご挨拶を終え、ウェスティンの日本食レストランでランチとなりましたが、まさかのクローズ。

和食に飢えている紳士、暑過ぎてゴルフ2日目をキャンセルした紳士は涼しさを求めている。

じゃ、ホテルコンラッドの日本食レストランへ行きましょうーと提案し、移動しました。

 

●コンラッド・和食レストラン『凛』

紳士たちは麦焼酎ロックやらビールで始まりました。

日本人シェフも出てきてくれるし、メニューも日本語表記だし、涼しいし、メニューにないわがまままできちんと聞いてくれる対応に感動されていました。

 

お任せしたツマミに揚げだし豆腐。

サーモンとマグロがあるというので盛り合わせ。

うまさに溶けた店主でした。

 

 

こちらもお任せした前菜。大満足!

食器も涼しげでステキです。

 

 

メインはてんぷら定食にしました。うーまーいーっ。撃沈店主。

紳士達もバリ島4日目にして『初めて食事にありつけた気がする』と大喜び。

 

 

秋田の名士・鈴木さんと大川さん。紳士二人に囲まれて、店主は別世界にトリップでした。

そして、凛の日本人シェフMくん。仕事着、かっこいい!!素晴らしい対応でした。頑張ってますねー。

次回、紳士たちは必ずコンラッドへ戻って来ると思います。

 

 

紳士たちは、コンラッドが気に入りそのままマッサージへ。

店主はレストランの外席に移動して少しだけ座ってみました。

景色はコンラッドスイート。落ち着く雰囲気ですわ・・。そこにいるだけで疲れがとれていきます。

初対面なのに、日本からお土産、お食事のお誘いもろもろ。感謝。

人とのつながりについて、頭の中がぐるぐる。

 

 

贅沢ランチを終え、また現実に戻りバイクでサヌールへ帰ります。

空港近くはこんな感じ。信号3回ぐらい待って、やっと前の方に来れました。 

夕方のロータリー付近、特に反対車線はとてもかわいそうな状態になってました。

ダイビング後、運転手がクタやヌサドゥア往復に2時間かかるのも理解できます。

 

18:00、アスファルト職人と見積り打ち合わせ中、突然騒がしくなり外へ出てみると

 

バリ人ご一行の行進がこのような感じです。みんな海を目指して歩いて行進。

お祈り、お清め行事?何の日か分かりません。

 

 

完全に道路封鎖で、ご一行様に遭遇してしまうとバイクや車は、横づけで止まらなければなりません。

さっき、海で儀式を終えたご一行様が、楽器隊と共にまた通りました。22時。お疲れ様です。

 

近いのに遠いヌサドゥア。命がけで走るような道路事情。

今度はいつかな・・・。笑

道路が完成してから?

 

 

 

 

 

Posted by 店主