ありがとう!カリマンタンレストラン

バリ島生活

先日、日本のバリ島リピーターさんより、メッセージが入りました。
『カリマンタンレストランってもうないの?』
えーーーーっ?

コロナで休業中?
もう閉店を決めた?
コロナ禍で、長いこと閉じたままのレストランやホテルが多いので、実は実際どうなのかよく分からないお店がたーくさんなんです。

目で確かめるため、カリマンタンレストランへ。
えーーーーーっ、ない。レストラン建物自体がなーい。
噂は本当でした。ない!

その場所にあるのは、
11102

真新しいレストラン『ショットガン』。
コロナ自粛明け7月にOPENしたそうです。
西洋人数名が共同経営らしいです。
店主、全くこういう雰囲気に惹かれません・・・苦笑

11104

広い土地でコの字に建物。
ものすごい席数。
この通り(Jl.pantai sindu)に似合わないよー。
もうあの通りに入ることないなぁ。

11105

キッズ向けの遊具?、まだ工事中でした。

Kalimantanカリマンタンレストランは、こんな感じでした。
サヌールの老舗レストランでボブさんがこじんまりとやっていました。
昔からあり、在住高齢西洋人の憩いの場にもなっていました。
モダンな感じはありませんが、古きよきバリ風(90年代?)のレストランを味わえます。
庭に植物もびっしり、オウムの声も響いてきたり。
メインのタンブリンガン通りから1本奥にあったので、知る人ぞ知る穴場的な場所でした。
店主も在住友達やリピーターさんとたまにお邪魔していたんですよ・・。
昼近くに頂く朝食セットとかアボガドディップワカモレなど、懐かしいな~、もう食べられないんだ。
ブルパラの古いリピーターは昔よく使ってましたね。

広い敷地で長いこと営業していたカリマンタン。
きっと自分の土地に違いないと思っていたのですが、実は土地を借りていたようです。
その契約更新が去年の秋ごろだったらしく、値上げで更新するかもう店じまいするか悩んでいたそうです(ボブさんも高齢)。
他の場所に移転する話も一時はあったようですが、結局は更新せずそのまま店をたたむことにしたようです。

だからコロナは無関係でした!!!
逆に、その後コロナが出現したので、店をたたむには良い時期だったのかもしれません。
貧乏くじを引いたのは、新しいレストランのショットガン組ですね。
そしてウハウハなのは、土地の所有者。

何が功を奏し、吉と出るか、凶と出るか
終わって振りかえってみないと分かりません。
一日一日大切に生きるってことですかね。
カリマンタンレストラン、長いことありがとう(でもホント残念)。

11114

先日も投稿しましたが、サヌールの老舗コピバリ(バイパス)。
ここも『まさか閉店か?』と心配の声がありましたね。
ずっと閉まっているし、中身がほぼ空っぽ。
たまーにしか使わないですが、やはり老舗店がなくなるは悲しい。
特にサヌール住人としては。
ここは、大掛かりな改修工事をこれから始め、来年1月OPENを予定しているそうです。
元々、儲かっている感じでしたし、コロナ時期を使って改修工事。
さすがです。
なので、まだコピバリは大丈夫です。

 

Posted by 店主