沈船リバティ号でファンダイブ

ダイビング

東京よりお越しのMさんをリクエストの沈船へご案内してきました。はじめまして~。シンガポール経由で到着ほやほや。

本日は新月ですが、天気も海況もよし。波なし、流れなし、透明度は若干白いですが15m、水温28℃。ダイバーいっぱい。

GOプロを持参して今回初めて使用するMさん。久しぶりのセジロクマノミ。

英語ぺらぺらのMさん、沈船内へ。エキジット寸前、子供ウミガメ。最近ここにいますね~。

ほぼ西洋人ダイバーですがたくさん入っていました。バリ島ガイドさんたちとの再会もいっぱい。コロナ前のよう!!

1ダイブ目でバッテリーが予想以上に早く消費することがわかり、2ダイブ目はコントロールしながら撮影していたMさん。沈船をくぐったり、大きなナミフエダイを撮るMさん。

店主が惹かれた美しいアイゴ(ジャワラビットフィッシュ)!!オトメベラがフィンから離れないので、店主わざとに着底させています。習性なんでしょうね・・・笑。

この他にも、バラクーダ、珍しくタコ、オニカサゴ、ムスジコショウダイ群れ、ワヌケヤッコ、クロハコフグ、ミナミハコフグ幼魚、ユカタハタ、ニチリンダテハゼ、カイメンの放精抱卵?何かもやもや物質が一部漂っていました。

これまで宮古、奄美、プーケットで潜ったMさんですが、今までで一番面白かったとおっしゃってくださいました。やはり、バリ島は魚影が濃いんですね~。そんな訳でがっつり潜って頂きました。Mさん、今日はありがとうございました!

Related Posts

Posted by 店主