真夜中・サボテンの花

ダイビング

先週のことです。まだ真っ暗で静かでしたが、ゴミ出しをしようと朝4:30にゲートを開けて外に出たんです。真っ暗ですが、真っ暗だからこそ目に入ったもの。

門にサボテンの花が2つ!!!直径15cmくらいでかなり大きいんです。真っ白。予兆がなかったので本当にびっくりで大興奮店主。サボテンの花をリアルに見たことがない!パジャマ(こっちのdaster)のまま、スマホと水中ライトを取りに戻ります。そして暗闇の中、パチパチ撮らせてもらいました。まるでナイトダイビングのように・・・笑。途中、バイクが2,3台通り恥ずかしかったです。だって、暗闇の中、dastar女が、水中ライトとスマホで写真を撮ってるって。めちゃめちゃ不審者だったと思います。

このサボテンは一年ほど前にバリ人大家が数本持ってきて、勝手に植えて行ったもの。なので特に愛着があった訳ではなく、でも強くて成長を続けています。

近所の園芸屋のおっちゃんに写真を見せて「これってドラゴンフルーツの実になるの?」と聞いてみましたが、NOでした。残念・・笑。花は似ていますが違うサボテンとのこと。昼間、花が閉じてしまったのですが、おじさん曰く、花は一晩しか咲かないと。えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!すごく残念な気持ちと特別な瞬間(ゴミ出し)に遭遇したんだなとドキドキ。そうだったんだ・・・。一晩しか咲かないってことは、受粉(インドネシア語では「kawin:結婚」)ができないんだそうです。夜は蝶や虫がいないため自然に受粉ができない。私たちが受粉を手伝う必要があるそうです。えーーー、もしかして二輪咲いたから、店主が結婚させることができた???ところが、同じ株の花同士は結婚ができないらしい。もう知らないことばかり。

ということは、たくさんサボテンを用意して、たまたま同じ夜に咲いて、店主が起きていないと受粉できないってことですよね?すごく難しいということですね。

バリ人スタッフにも花写真を見せたらびっくりでした。だって咲く前兆がなかったし、初めて見る花。早速、うちから違うサボテンを持って帰りました。ってか、バリ人は早寝だからあまり夜の花は知らないかも・・・。いや~、サボテンも奥が深い。

パダンバイのニモたち(カクレクマノミ)動画をUPしました。
シュノーケリングでも見られますが、ニモの横顔はやはりダイビングじゃないと見られませんね。

Posted by 店主