神奈川よりお越しのAさん&T氏カップル、バリ在住のG氏とパダンバイへ行ってきました。カメラが大きいぞー!

Aさんは鍛え上げられたアドバンスダイバー。宮古島在住歴があるほど。
今回はT氏の体験ダイビングに同行してくれました。

 

パダンバイの海況は素晴らしかったー。

波なし、流れなし、透明度25m、漂流ゴミなし、水温28℃・・・・ダイビング日和!! 

T氏はサーファーで、バリ島でも連日サーフィントリップに出ておられる方。

全く、水に対する抵抗感・恐怖感がありません。

サーファーってすごい・・。

 

1本目、T氏より『これ好き』サインが連発。

エントリーしてすぐ大きなワニゴチ → なんとT氏が見つけました。

カラフルなベラ、ブダイ、モンハナシャコ、ハタタテハゼ、ドロップオフの地形、オヤビッチャの群れ、ゴールドベリーダムゼル群れ、ゴマモンガラ、オビテンスモドキ幼魚、チンアナゴなどが好きなようです。その間、Aさんはぴったり付いてきます。体験ダイビングだったので、30分の潜水予定でしたが、T氏がかなり楽しめているようだったので潜水時間が43分。

そういえば、子ガメの骨が落ちていました。何があったのでしょう!?まだ人間に捕られている?かなり不自然な光景・・・・で、気になります。

 

今日は温かいフルーツティーとクッキーで水面休憩。

曇り空だったので、やはり上がると肌寒いです。

 

2本目は、T氏、バックロールエントリー(ボートから後ろ向きにどぼーんと飛び込む)に挑戦。

体験ダイビングとは思えません。笑

 

 

行ってきますー

行ってきますー。

美男美女カップル。

 

 

無事にエントリー

 潜行も自分のペースでゆっくり。慣れたものです。

 

 

ためいきもの

3週間前の大嵐で破壊されたエダサンゴの群生。

少しずつ生物が戻って来ました!!

今日は嬉しくなりました。

 

 

いえーい

 『ここに指置いて』サインでじっとできるT氏。

エア持ちもよかったですね。

 

 

戻ってきたー

前回アヤコショウダイが全くいなくなり心配でしたが、全部戻って来ました。

この子たちは、生き残ったサンゴの上にしかいません。なぜ?

 

 

まみれる

Aさんは、スーパーホバリング(中性浮力)で、デバスズメダイと戯れます。 

 

 

やっほー

 それを眺めるT氏。

 

 

記念撮影

二人で記念撮影! 

 

 

上がりたくない

エキジットですが、水面からもまだ名残惜しそうに水中を見ているお二人。 

どうやらダイビング中は大雨だったようです。がっつり潜水で47分。

 

お疲れ様でした

リクエストのチキンスープで体を温めました。T氏はおかわりで2杯完食。

バリ土産でスープの素を買って帰るそうです。

 

アリさん

帰路、車中で店主のバッグにいたアリさん5mmを撮ってみました。

肉眼では見えませんでしたが、美しい!

サヌールにこのまま大切に持ち帰りました(全く動かなかった)。

 

Aさん、T氏、G氏・・・今日はありがとうございました。

穏やかな海でよかったです。

やはりサーファーはすごい。