久しぶりにカリマンタンレストランでランチ。
ほとんどのガイドブックに出てないと思われますが、ここ穴場。
結構、在住者には知られているんですよ。
場所は、Jl. Pantai Sindhu. タンブリンガン通りからビーチに向かって左手です。
このJl. Pantai Shindhuは、なかなか入りにくい雰囲気が漂っていますよね。
なぜか、あまり観光客が歩かない道です。

カリマンタンレストランについて、「90年代の古きよきバリ風レストラン」だと店主は思います。
なつかしーね、あの頃。
現在の主流、シンプル・モダン建築、あまり面白みがないかも。

藁葺きの屋根で、オープンスペースなので空間が広がります。
カリマンタンを意識してか、オウムなどが昔より減りましたがケージにいます。
今日は、なぜかリスたちもいました。
オーナーが西洋人(イギリス人?)で、よくお店にいるので、食べ物の味はニセモノではなくおいしい!

今日は・・
ゲバブ
ワカモレ(アボガドとトマトのディップ)
ハンバーガー
これ、全部当たりでした!

そして、お値段もリーズナブル。

レストランににぎわってる感じがないので、一瞬大丈夫かなと思うかもしれませんが、味と値段は保障します。
もう長いこと営業してるので、恐らく根強いファンもいるのでしょう。
夕方になると、在住西洋人ら(お年寄り組)が集まりはじめます。
人が滅多に通らないので、密会にも最適。
静かだし、読書してぼ〜〜〜〜っと昼下がりを過ごすのもいいかもしれません。
海が見たくなれば、歩いてすぐそこ!

今日は、ダイビング業界某S社のJ氏とランチしながら、昨今の業界事情について情報・意見交換。
この御方、日本のビジネス最前線にいた方で意見をきくとためになります。
店主らブルパラも、ブルパラらしさで頑張ろうと思えました。