デンパサール在住のMさんとTさんでトランベンへ日帰りダイビング。そろそろ帰国が近いお二人様。これが送別ダイビングとなりました。寂しくなります。リクエストは日帰りで、ナイトダイビング含んで3ダイブ。パダンバイを予定していましたが、あと1週間は透明度が上がらないだろうとのことで足を延ばして海況がよいトランベンへ。日帰りで、しかもトランベンで、ナイトは滅多にやらないブルパラですが久々に催行。そんなわけで、サヌール発10時と遅い出発。

快晴、海は穏やか、透明度20m以上とよかった!水温は天国で29℃。ふふふ。やっぱ来てよかったと思いました。

まずは、ドロップオフへ。Tさんは、10年ぶりのダイビングでしたが、スキルチェックしてみて問題なし。昔、日本でガンガン潜っておられたようで、やはり体は忘れないようです。

 

 

オックスアイと戯れる。

ウミウシも面白くなってきました。

 

2本目、沈船リバティー号

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

            記念撮影                       沈船内から幻想的

 

 

 Tさんは、トランベンが初めて。ギンガメアジトルネードに酔いしれました。

 

 ロウニンアジも4匹。慣れてきたせいか、ダイバーに近づいてきます。

 

3本目、18:30エントリーのナイトダイビング

Mさんは、アドバンス講習時、ナイトダイビングを選択しなかったため今回が初のナイトダイビング。ドキドキでしたが大丈夫!

 

カンムリブダイが結構、船内に戻ってましたが、普通はライトを嫌がり逃げます。

が、この子は店主達に興味津々。

見て!といわんばかり離れない。不思議なやつ。

 

 

不思議なカンムリブダイを撮っていたら、アカマダラハタが店主の前でモデルポーズ。

いやいやー、猛烈なアピールに店主は笑ってしまいました。

ナイトダイビング中は付いて来ますが、ここまで積極的になれるものなんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 シマクダリボウズギスモドキ5cm・・・・・・・全部失敗。

いつかじっくり撮らせてください。

 

エキジットすると、黒い空には星がプラネタリウムのようにびっしり。今夜は新月。星の美しさが際立つ!バリ島在住が長い我らも見とれてしまい、しばらく水面に仰向けでぷかぷか。気持ちよい心地よい水面ぷかぷか。時が止まった気がします。そして感謝が・・・至福の瞬間。

 

帰りはチャンディダサのオススメ食事処で21:30から遅いディナー

ナシゴレン2つ、チャプチャイ、ラーメン、フーユンハイ、イカ天ぷら、ライス2つ、アイスティー3つ、コカコーラ

計 Rp.65.000(550円)

恐るべし安さ。しかもおいしい。

 

到着は23時をまわっていましたが、満喫の日帰りツアーとなりました。

日本では沖縄にも出かけガンガン潜っていたTさん。本日のトランベンが、自己・ベストポイントになりました。堂々1位。

 

さて、サヌールでの体験ダイビングだったマイケルイントラ。日本からお越しのOさん、無事に潜ることができたと報告がありました。

おめでとうございます。