バリ島はガルンガンで静まり返っておりました。道路は交通量が激減、サヌール繁華街ですら、あちこちお店が閉まっています。みんな、田舎でお盆ガルンガンを過ごすためです。

店主も休みモードで、在住友達とお茶する予定がありました。約束していたのは、大好きなシックスポイント。ところが行ってみるとやはり休み。じゃ、カフェバトゥージンバーにしようとバイクを走らせました。が、カフェバトゥージンバーですらお休み。参ったね。友達が『じゃ、ホテルなら営業してるだろうから、たまにはバリハイアットでも行ってみようー』ということになりました。

バリハイアットの中に入るのは3年ぶりかしら・・・。14ヘクタールという広大な敷地に突入。エントランスのガムラン演奏で迎えられ、レセプションがきれいに改装されていることに気付きました。老舗ホテルバリハイアットのロビーは、新しく建つどこのホテルよりも重厚感がありステキです。バリの伝統とモダンがうまく融合された見事なロビー。

どこのレストランに座るか迷いましたが、外のビーチ近くを選んでティータイム。プールもあちこちに広がり、トロピカル南国ムード。西洋人らがビキニで楽しそうだなぁ。父親も子供も大はしゃぎ。サヌールが観光地であることを思い出しました。別世界。

店主たちもアイスカプチーノや紅茶で、久しぶりにリゾートムードを楽しみました。ただ、寒かったー。これからのサヌールビーチ沿いは風がビュービューなのです。まさかビーチ沿いでティータイムとは思わなかったので、長袖を持って行かなかったことが本日の失敗。2時間で二人とも冷えてしまったので、見事な庭園を抜けてロビーに移動。ハイアットには何百種類の植物があるのでしょう。ガーデンツアーがあるほどバリハイアットのお庭は有名。

店主お気に入りのロビーの広々ソファーでまったり。ガムラン生演奏が心地よく、100%癒し空間。それにしても、お茶代300円程度でこんな贅沢が味わえるだね、と店主たちにっこり。たまには優雅なリゾート体験もよいものです。