東京よりお越しのT子さん&S氏、はじめまして~。
リクエストは、トランベン沈船。
昨日、トランベンは波が出ていたので、今朝確認したところ「昨日と同じぐらいの波」という情報。
お迎え後、T子さんたちに相談したところ、多少の波は大丈夫とのことだったのでトランベンへ向かいました。

トランベンへ到着すると、昨日より波が高くなってる・?・?・冷汗。
T子さんはCカード保有者ですが、S氏は初めての体験ダイビング。
かなり運動神経がよさげなので、体験講習をがっつりしてエントリーです。

本日の海況
波あり、流れ1本目あり、透明度5m~12m、水温28℃

まさかのエントリーでこけましたが、皆さん上手に「ウミガメ放流作戦」でそのままエントリー成功。
S氏は、スノーケリング経験もあり、水も怖くないのですんなり入れました。
T子さんと一緒にダイビングスタート。

大波エントリー後、中に入ると、結構な流れ・・。
サスケダイブだ。
T子さんはウェイトが足りなかったり、流れにつかまっちゃったり前半はいろいろありましたが

リバティ号船体内部で、ちょっと休憩。
流れが弱まるのを待ちます。
S氏は初めてですが、終始落ち着いていてすごい!

 

浅瀬が白く濁り、水面の波の影響が多かったので、体験の12mを少し超えてしまいました。
大波エキジット・・・今日は久しぶりに運転手が水に入ってくれて手伝ってくれたので転ばず。

 

2本目、いきます。
意外と体験S氏もダイバーT子さんも、大波にびびってないんですね。
淡々と冷静。

またエントリーで転んだら、そのまま「ウミガメ放流作戦」で波を抜けること。
でも、2回目ということもあり、すんなり美しくエントリーできてしまいました。
すごい。

2本目は、流れもなく快適。
ウミガメとパチリ。

 

だいぶ大きくなったね。

 

メタボなケショウフグ

 

ムカデミノウミウシ

 

安全停止中

 

魚が入ってきて

 

入って来て、邪魔をします。

 

T子さんも楽しそう!

2本目はがっつり楽しむことができました。
あぁ、恐怖のエキジットだ・・。

いやー、奇跡的に器材を脱ぐことなくエキジット成功できちゃいました。
S氏&T子さんの脚力の強さ。
そして、裸の運転手もいい仕事!

無事終了。お疲れ様でした!

 

帰りの車中は、本日の武勇伝やお仕事のことで盛り上がりました。
ルアックコーヒーをお土産に買い罪悪感に苛まれているS氏・・・。笑
ルアックコーヒーは買ってはいけません。
この辺りの感性が、3人とも似ていて店主としては嬉しかったです。

 

大波でしたが、お二人は楽しめたそうです。
朝早くからありがとうございました。
お話面白かったです。
お二人のご活躍を楽しみにしています。