本日は、皆さん、とりあえずサヌールのビーチに集合。

皆さん、おはようございます。
これから体験ダイビングでトランベンに向かうガールズ2名。
大阪よりお越しのHさんとYさんです。
かわいいな~。

 

サヌールのビーチで、店主ががつんと体験ダイビング講習&沈船説明をさせて頂きました。
ごめんなさい、店主はトランベンへ行けないのです・・。
プライベートツアー状態です。
のんびりいってらっしゃいーい。

店主は、ジャカルタのリピーターM女史を本日担当することに。
なぜなら、送別ダイブ・・・寂しい。
目的はマンボウ。

1本目マンタポイント
波なし、流れちょっと、透明度8m~15m、水温23℃
情報があったので狙って反対側から入ってみました。
が、マンボウなし。マンタは見に行っていません。笑

 

2本目クリスタルベイ
波なし、流れ深場だけ、透明度20m、水温18℃(上は23℃)

もうそろそろ100本ダイバーのM女史。
本日5mmウェットデビュー。
フードも・・。
下はぐんぐん冷えた~、18℃耐えられましたね。
心折れる水温
*後から情報ですが、1本目だったら26℃だったそうです。2本目でこんなに変わっちゃう。

 

 

二人とも心が折れかけたので、浅瀬でマンボウを忘れます。

 

 

ハダカハオコゼ ピンクは嬉しいなっ。

 

M女史(女帝)モジフードがぶると、更に迫力が増します。

 

あぁあぁ、こういうのがいい(しみじみ)。

どこのボートもマンボウ見てませんでした・・・。

 

 

今日は太陽が出ていて、体の冷えも即効リカバリー。
水面ではウミガメが呼吸しに上がって来ていました。

 

3本目、どこ行こう????
マンボウどこ?
昨日、トランベンのマクロポイントにマンボウがいたそうな。
もしかして暖かさ求めている!?笑

 

イルカの群れがそこにいるーーーーー!
即効エントリーしましたが、会えず。

 

3本目は、3人いたガイドたちで協議の結果、マンタベイのはずれに入ってみました。
テペコンみたいなゴツゴツ感。
波なし、流れなし、うねり少し、透明度8m~15m。
濁っている時にマンタが通ってゆきました。
でも、今日はマンタが目的じゃないの・・。

 

3ダイブ終えてサヌールに戻ると、干潮で歩く日。
遠いけど、水が温かくて気持ちいい。
送別ダイブだったのでマンボウをプレゼントしたかったのですが・・・残念。
ですが、ベテランダイバーM女史はさらっとしたもんでした。ほっ。

 

本人のご希望でバイクタクシー(配車アプリ)でウブドへ。
笑える~。
インドネシアにはこんなに便利なものがあります。
ちゃんと到着したようなので、★★★★★評価出しておきました。
この一年間、濃厚なお付き合いをさせて頂き楽しかったです。
また次の再訪をお待ちしています。
ありがとうございました。

 

 

そして、トランベンのHさん&Yさんは、きちんと潜れたそうです。
昨日まであった波もおさまり、海況はなかなかだったようです。
彼女たちも、帰りはウブドへ。
今日はありがとうございました!