大阪A氏、3日目はリクエストでマンタです。
日本あちこちでマンタを見ているのに、マンタ好きのようです。
そして、ジャカルタ在住リピーターH子さん、お久しぶりです。
お二人とも三桁ダイバー!

本日はヌサペニダですが、2ダイブ。
遅めの出発で、のんびり出発です。

マンタポイントの海況、まあまあよし。

波少し、うねり少し、透明度10m~15m、水温25℃
エントリー直後からマンタが下を通ってゆきました。

マンタは待つことほとんどなく、ダイビング中たくさん現れました。

 

マンタ&H子さん
カメラをやらないH子さん、毎度いいところにいてくれますー。
店主と以心伝心。

 

 

 


H子さん、小っちゃい・・。
この「背中にばってんちゃん」ずーーーっといました。

 

これは2015年9月のミンパン岩礁
この時も、マンボウとH子さん!
ドラマがあり、この時も印象深いダイビングでした。

 

 

A氏とマンタ・・・・大き過ぎて入らず。

 

 

他のマンタを見ているH子さん、上にマンタ来てますよ。

 

かなり小さな一枚がひらひら・・・。
子マンタ?と一瞬思いましたが、尾の長さと斑点が見えたので子供マラダトビエイのようです。

 

 

 

ブラックマンタも2枚いたりして、A氏は動画と写真で忙しそうでした。
H子さんも堪能。
不思議とあまり寒くなく56分間。

 

安全停止中まで・・・手の先端が折れているマンタ。
今日は、あまりに近く通ってくれたので、マンタと握手をしてしまいました。
ぬるぬる。

 

2本目行きます。
元気いっぱいニホンジン。
乗り合いで一緒だった西洋人スノーケラー2名は、酔ってぐったりでした。
お気の毒・・・。

 

2本目はクリスタルベイ。
波なし、流れ途中からあり、透明度20m、水温22℃
珊瑚いきいき。

 

エダサンゴとスズメダイのカーペット。

 

癒されます。
ですが、寒いぞーーー(22℃より冷たく感じる)、そして流れが・・。
H子さん、足がつりそうだったので、湾を出てそれほど進まず戻ることに。

ウミガメがいました。

店主の大好きな根。

 

無事にサヌール到着。
潮が引き始めていたので、猟師さんたちは立って釣り。

 


本日のナシゴレン、腹ペコダイバーはもちろん完食。

これまでにあちこちでマンタを見ているA氏曰く、一番良かったそうです。→うれしいっ。
マンタが多い、大きい、近くまで寄れる・・・・それが違いだそうです。
どんな動画が撮れたでしょうか?
皆さん、今日はありがとうございました。
マンタにも感謝。