スラバヤ組 T子さんとAさんの2日目は、Aさんのリクエストでアメッドへ。
日曜日の朝は道路がガラガラ、あっという間にアメッド着。

すでに何度かアメッドに来ているお二人。
サクサクと準備を済ませます。
アメッドの海況は聞いていた通り、雨季にしてはGOOOD。
波なし、流れ時々、水温28℃、透明度10m~15m。
1本目は晴れていましたが、その後、雨が降り出しました。

1本目、流れがあったりなかったりのドリフトダイビング。

チンアナゴ畑を見た後、ハダカハオコゼが3匹集合。
このまだらピンクが素敵でした!

 

キンセンフエダイが今日もいっぱい群れていました。

 

ウミガメ1号&T子さん

 

アデヤッコとAさん

 

 

ここは弱い流れがあったのですが、Aさんが来た来た!
前にまわりこまないと撮れませんよ~。

 

 

イソバナが美しいアメッド。
この後、ウミガメ2号と遭遇。
アメッドのウミガメは全く逃げません。

 

 

2本目は雨が小降りになってから出発。
こういう日は、水温28℃の水中の方が暖かく感じます。
雨って冷たいのです。

 

 

ウォールでは、グルクマの大群が行ったり来たり。

 

上がって来ると、オヤビッチャやヒメフエダイの群れ。
竜宮城です。
なのに・・・Aさん、このダイブ2つ目のミスをしてダイビング終了することに。
水中はいろいろあります。

 

T子さんとダイビング続行です。
ヒメツバメウオの群れは定位置にいてくれました!
Aさん、残念だ・・・よ・・・これ。

 

 

ヒメツバメウオの群れともう一つ茶色の群れぽいものが、後ろからやってきた~。
えーーーーーっ、何これ。
後ろ、暗いよ、暗いよ。

 

 

その茶色がすぐそこまで迫っていますが、きれいなところでヒメツバメウオ撮影・ラストスパート。
かわいい~

 

 

ヒメちゃーーーーーーーーん

 

 

 

うわぁあぁあぁ・・・ついに茶色がどんどん迫ってきます。
雨が降ったので、山水が入ってきたのです!!
視界がほぼゼロになるので避けながらダイビング。

 

山水をバッグにイソバナ。

 

どんどん迫ってくる山水を避けてT子さんとエキジット。
ボートのところが茶色と青の境界線。
はっきりくっきりです。
ラッキーなことに、茶色の飲み込まれる前のぎりぎりセーフエキジット。

エキジットすると、とどめにもう一つ。
えーーーーーーーーーっ!!!
Aさんからこのダイブ3つ目のトラブルを聞かされ、みんなでサーチ。

 

ですが、このアマゾン川状態では、残念ですが回収ほぼ不可能。
それにしても、1時間足らずで、あっという間に山水は広がるんですね。
その瞬間に立ち会えちゃった。

 

そんなに降った感じはしないのですが、帰り道、道路は一部山水で冠水。
左手が山で右手が海です。
山が近くなので仕方ありませんね。

 

 

パワースポットで有名なランプヤン山もすっぽり雲に覆われています。
美しい。
この辺は雨が降るとマイナスイオンを感じます。

 

帰りは爆睡ガールズでした。
T子さんAさん、今日もありがとうございました!
今日も朝から珍事がいっぱいでした。