Aさんのアドバンス講習2日目は、アメッドへ。
今日は、到着したばかりのお友達Mさんも一緒に体験ダイビング。
パダンバイの予定でしたが、ヌサペニダも今日は潜れないせいか(ヌサペニダのニュピ)、パダンバイが激混みすぎるためアメッドへ。
いやー、アグン山の警戒レベルが上がってから、北上するのは久しぶりです。
今月に入り、地震も減り静かになってしまったアグン山です。
途中、アムラプラ市内は、半分ぐらいのお店が開き、半分ぐらいが閉まっている状態でした。
小学校でも子供たちは普通に学校へ通っていました。
道路も渋滞なくスムーズ。

 

ゲストは景色の美しさに感動。
運転手と店主は、「いつも通りであること」にしみじみ。

 

久しぶりのアメッドは、いつも通りほとんど開いていますが、まだまだ閑散としていますね。
ただ、思っていたよりダイバーは来ています。
トランベンのショップや南部からもゲストを連れてちらほら。

アメッドは天気よし海況よし。
波なし、流れなし、透明度15m、水温26℃~28℃
あぁ、海に早く入りたい。

Aさんのアドバンス4本目は、水中写真。
初めて水中で写真を撮ります。
べたべた触らない、巻き上げない、残圧確認を忘れない、減圧不要限界を超えない・・。
そして、静かに生物に接近して、テーマを決めて撮ってみよう!!

 

体験ダイビングのMさんも無事潜れてツーショット。

 

危ないもの同士ツーショット。

 

 

鉄骨の中でお休み中の子供ケショウフグ

 

 

ヘラヤガラがAさんに突撃。
さすが!そう撮るか~。

 

 

動きを止められません。
チョウチョウコショウダイの幼魚。

 

 

アメッドに多いクリスマスツリーワーム(イバラカンザシ)。
動かないものは撮りやすいです。
っが、近づき過ぎると引っ込んでしまいます。
陸上でも写真が好きなAさん、「楽しい!被写体がありすぎて困りました」と・・。
これは水中カメラを始めるしかありません。

 

 

~ 最高のダイビング日和 ~
ガイドはトランベンに残っているコマン。
トランベンのガイドたちは、他の海へ行って頑張っています。

 

2本目も穏やか

 

 

体験Mさんも、2本目はびびることなく来た来た!

 

クマザサハナムロやグルクマの群れが行ったり来たり。
途中冷たい水が深場から上がってきました。

 

 

よく見ますが、逃げないハタタテサンカクハゼ。

 

 

オイランヨウジ・・・相棒はどこ行った?

 

 

Aさんも水中で叫んだかわいさミナミハコフグ幼魚。
図鑑で知ったと思いますが、このサイズがかわいい盛り。

 

 

クダゴンベが2匹でらぶらぶでした

 

 

Aさんが教えてくれたウミヘビ

 

 

 

ゴンズイ玉・正面からいってみよー。
集団の力はすごい。

 

 

アドバンス5本目は、ナチュラリストでした。
植物・無脊椎動物・脊椎動物と分類分けしながら生物観察。
特徴をスレートに書いたり、写真におさめたり大忙しでした。
って、そんな水中作業をしているうちに、Aさんの中性浮力が完璧になってる。
美しいです!!
60分超えちゃった。
上がってからは、体験Mさんと共同作業で図鑑で魚の名前を確認。
おめでとうございます。

 

 

運転手が撮りたがったアメッドから見るアグン山。
朝はくっきりでした。

 

写真好きなガールズももちろん降ります。
農民の皆様、お邪魔します。

 

ゲストのリクエストで、こっちのパノラマ棚田も下車。
いつも通りの雄大さ!
久しぶりに北上できて新鮮でした。
切れていたアメッドの塩もやっと購入できたし、大満足。
Aさんも3袋、お土産で買いました。
とてもおいしいんですよ。

Mさん潜れてよかった!
Aさん、2日間マンツーマンでがっつり急成長です。
今日はありがとうございました。