福岡よりお越しのK氏とMさんをトランベンへご案内しました。
今日は道路がすかすかで、サヌールからは2時間かからずトランベン着。
はやーっ。
先日までの渋滞は何だったのという感じ。

目覚めると、アグン山くっきり。天気もよし!

 

体験ダイビングの説明をじっくりやって、エントリーです。
本日のトランベン、まだ海況よし。
波ちょっと、流れなし、透明度20m、水温28℃。
(いつもこんなに海況が良いとは限りません。)

野球やテニスをやっておられた二人には、体験ダイビングは難しくなかったようです。

 

ヨメヒメジ

 

 

沈船に長いこと住んでいるクマノミ

 

 

最後は沈船の浅いところで止まります。
1本目からがっつり潜ります。
お二人は大感動!!
こんだけ喜んで頂けるとやりがいがあります

 

 

2本目は、二人とも慣れてしまってサクサク自ら準備。
ファスナー閉める係、マスク洗う係、Mさんの器材を運ぶ係・・・分担制。
小柄なMさんもタンク担いで入ります。
いざ、エントリー。

 

沈船あちこちに付いているカイメン。
バラクーダもいましたね。

 

 

混み合っていましたが、リバティ号船首を上から見てみます。

群れがすごかった~。

 

 

サンゴも付いてます。

 

 

ミナミハコフグの幼魚、みんなで観察しました。

 

 

クマノミと写真を撮りましょう。

 

 

下から・・・

 

 

魚まみれの安全停止が終わってからは、かなり慣れてきたので二人で水中移動。

 

水面下にダツの仲間オキザヨリかな?
クリーニングされる時、口開けるんですね。

 

 

クラカケチョウチョウウオにそこまで近づけた!上手。
2本目もがっつり潜りましたが、お二人は「あっという間」だったそうです。
中性浮力も姿勢も素晴らしいので、もうダイバーになってまたいつか戻ってきてください。

 

帰路、ライステラスでMさんと店主はちょっと寄り道 (出発数分でK氏は爆睡)。
パパイヤがもりもり実をつけています。
そこでおじさんが、バナナやサラック(スネークフルーツ)を売っていたので両方買いました。
K氏は寝たままでしたが、Mさんは初サラックを喜んでくれました(これ珍しい!)。
見た目はニンニクですが、くせになる触感と甘酸っぱさ。
フルーツ食べて、みんなで車中はお休み。

 

 

今日は、天気も海況も道路状況も、全てラッキーでした。
ダイバーになって、いつかもう少し深いところ一緒に潜りましょう。
Mさん、Kさん、ありがとうございました。