本日は皆さんをパダンバイへご案内しました。
T氏&Nさん、そしてN氏&Kさん、はじめまして!
皆様、暑い暑い東京からです。

バリ島の涼しさに驚かれていました。

皆様初めての体験ダイビングで、ビーチで簡単なダイビング講習からスタート。
準備万端で海へGOGO。

本日のパダンバイ、風の影響で水面の波があります。
『きっと誰か酔うだろうな・・・』という揺れ。
ただ、水中は良し。中に入るとほっとします。
流れ2本目少し、透明度12m、水温27℃。
水面のバタバタだけです。

 

3人はスムーズにエントリー成功!
N氏の相棒Kさんが水面でギブアップ。
恐怖心が先立ち潜行すらしませんでした。
店主のしつこい説得でも、水面の『恐怖心』という壁は大きかったです。
3人が下で待っていたので、1本目はとりあえず休んでもらうことに。
あとほんの少しだったのに、もったいなーいと店主は思います。

 

 

お待たせいたしました。
ゆっくり水中世界を観察です。
ヤッコエイ、アオヤガラ、アカククリ、ツバメウオ、クマノミ、スジモヨウフグなどを観察しながら進みます。
水中は穏やか。

 

後半、大きなウミガメ。
食事の後は、水面へ呼吸で上がってゆきました。
エキジットすると、水面がまたバタバタ。

 

水面休憩では、今度はN氏が酔ってしまいました。
他のボートでも酔っている人、あちこち。
風よ、止んでくれ。

ですが、2本目。
酔ったN氏はカメラで元気に復活。
すごーい。
タテジマキンチャクダイを撮る。

 

クマノミを撮ってみましょう。
ニモ(カクレクマノミ)のいい写真を撮っていたN氏。

 

2本目はちょっとアゲンストの流れ。
T氏とNさんペアも上手に潜っています。
T氏のお父様がダイバーなんだそうです。
いつか父と息子、一緒に潜れるといいですね。

 

店主のバディはN氏、体験ですが余裕です。
酔いやすいけど、水中ではこの通り!

 

ツノダシがあちこち。

 

 

また腹ペコのウミガメ!
至近距離で写真が撮れたことでしょう。

 

ハリセンボン

 

流れがあったので、着底してアカヒメジの群れ観察。
潜水艦、ウミウシ、ソメワケヤッコ、キツネフエフキ、ゴマモンガラなども見ましたね。

 

NさんとT氏は、終始落ち着いて生物観察。

 

皆様、お疲れ様でした。
がっつり堪能。
さて、バタバタの水面へ(N氏はぎりぎりまで水中待機)。
そしてすぐ陸へ。

 


ビーチ到着、無事終了。
今日は皆様、ありがとうございました。
若者のエナジー頂きました。