昨日のヌサペニダを思い返す・・・

 

Sental は流れもなく、快適なダイビング。赤ちゃんナポレオン2匹と同じスピードだったせいか、その後あちこちで遭遇しました。Ped からToyapakeh にかけては結構な速さのダイビングでした。人間の無力さを知らされます。Toyapakehは相変わらず、冷たいです。水温19度〜20度。手術した関節に冷たさがしみました。マンボウはいませんでした。来週、リベンジです。< ?xml:namespace prefix = o ns = "urn:schemas-microsoft-com:office:office" />lass=MsoNormal style=”MARGIN: 0mm 0mm 0pt”> 

でも、探すと出ないなんて言われているので、表向きは探していない素振りでいこうと思います。ヒンドゥー教徒はマンボウが出ると「デワ(男神)が現れた!」と考えるそうです。ステキな信仰だと思いませんか。