本日は、関東よりお越しのW氏&N氏をパダンバイへご案内しました。
はじめまして~。
店主、滅多にない『紅一点DAY』です。
ふふふっ。

パダンバイの海況よし。
波なし、流れ(2本目)、透明度10m~15m、水温29℃。
晴れたり曇ったりで、雨なし!
W氏はCカード保持者ですが、N氏の体験ダイビングに付き添います。

実は、お二人ともサーファー。
連日サーフィンの中、バリ島ステイ3日目にダイビングを入れたらしいです。
もちろん、明日もサーフィン。
さすがサーファー、水に対する抵抗感ゼロ。
N氏、落ち着いてスムーズすぎるエントリーでした。

 

エントリーで出迎えてくれたのは、ニモ!

 

W氏が初めて見たという、センジュイソギンチャクが丸まっているところ。

 

キンセンフエダイの群れ

 

安全停止はびっしりサンゴ

 

W氏も感動してくれたテーブルサンゴ

 

流れる可能性ありでしたが、ワイルドな紳士たちにお見せしたかったドロップオフへGOGO。
体験N氏、バックロールエントリー(ボートからひっくり返る)もばっちり。

 

マダラタルミちゃんの幼魚といっても、もう7cmぐらい。
まだかわいいよ~。

やはり途中から少し流れが出てきた・・・。
でも、振り向けばダイバーW氏はぴったり付いてきます。

 

Large spotted snake eel に付きまとうオジサン。

 

流れを抜けてブルーラグーンで水中休憩。
かわいいさかりのミナミハコフグ幼魚。
小休憩しながらもボラの群れ、チンアナゴ、ヒラメ、ヘラヤガラなどを観察。
体験N氏は、中性浮力の自主練習をしてるし・・・いいね!
ブルーラグーンの湾から出るのは戻れなそうだったので、流れのギリギリラインでダイビングを浅く続行。

 

体験N氏の手を離してみると・・・WOW!!
美しく泳いで来る。笑
これには、ダイバーW氏もびっくり。
店主もびっくり。

 

W氏、かなり観察する余裕がうまれました。
流れ対策もばっちり。

 

 

アカエソがらぶらぶ中

 

体験N氏、中性浮力でサンゴのフタスジリュウキュウスズメダイ観察。
さすが、サーファー!身体能力が全然違いました。
『興味が出てきた』と言って頂けました。
N氏なら、余裕の講習間違いなし。

 

 


がっつり2ダイブの後は、癒しのバリ猫タイム。
いや、ランチです。

サーファーの紳士たち、今日はありがとうございました。
陸も水中も楽しかったです。