引き続き同僚チームで潜られているS女史とK氏に加え、新たなゲストです。

京都よりO夫妻、いらっしゃいませ!

 

トランベンの海況は波も流れもなく穏やか。

水温28℃、透明度18m。

 

1本目、店主はドロップオフでのファンダイブを担当させて頂きました。

O夫妻は、リクエストの沈船でファンダイブです。

 

IMG_6129クリーニング中のコクテンフグ。

気持よさげ。

 

 

 IMG_6140同僚バディ。

 

 

IMG_6150ドロップオフ好きのK氏が魚まみれ。

 

 

 

 IMG_6156イナセギンポちゃん!

 

 

IMG_6182金銀アジ対決、すごかったです。

エントリーの時はいなかったのでラッキーでした。

 

沈船に戻り、皆さんでランチ。

O夫妻も1年ぶりのダイビングでしたが、きちんと潜れたようです。

こんなに魚がいるなんて!と驚かれていました。

 

2本目、店主はS女史のナビゲーションを担当。

落ち着いてコンパスを信じて、課題をやっていきます。

アドバンスダイバーおめでとうございます。

 

 

IMG_6282ベンテンコモンエビと戯れます。

それにしても、ここのサンゴが折れすぎ!!
店主はショック。

ダイバーの仕業ですが、なぜあそこまで折ることができるのか不思議ですね。

ガイドさんもダイバーのレベルを見て、連れて行かないほうがいいと思いますわ。

 

 

 

IMG_6300偶然、今日のゲストは関西の香り。

 

 

 IMG_6313ウブドやテガラランより壮大なライステラスで途中下車。

キラキラスマイル。

ここガイドブックには載っていません。

お勧め棚田。

 

 

今日も一日ありがとうございました。