先週末から5日間の予約が全てキャンセルで、心が凹んでおりました。
アグン山がちょっと噴火したら、空港が閉鎖ですよ(閉鎖は2.5日で、現在はいつも通り運行中)。
ニュースが世界中に報道され、あっという間にキャンセル。
タイミングが悪すぎでした・・・はぁ~。
ただでさえ、アグン山報道で9月末から予約・問い合わせが入りにくい状況が2ヶ月も続いているのに・・。
その後は、煙も止まり静かでした。

っが、今朝、ダイビングへ向かう途中、また煙が出てきた!
白っぽいので水蒸気爆発なのか。
でも、風ですぐに消えます。
ゲストの皆様と写真を撮ります。

 

本日のゲストは、リピーター様スラバヤ組。
K&M夫妻とT子さん。
ベテランダイバーの皆さんなので、リクエストでテペコンへ。
波なし、流れ途中からあり、水温27℃、透明度10m。
テペコンが透明度悪いのはちょっと残念。
ムスジコショウダイの群れ、アカヒメジの群れ、コブシメなど。

流れてるし、ウミガメちゃんもお休み中。

 

 

トサカリュウグウウミウシの体型が好き。

 

 

だいぶ壊れちゃいましたが、サンゴはまだまだきれいです。
あっちへ行っても流れ、戻っても流れ、三角コーナーから出られない状態。

 

エキジットすると、またアグン山が煙を出しはじめました。
T子さん、半水面写真を撮るなんてグッドアイディア!
店主も真似!
夕方まで4回爆発があったそうですが、全て観察できちゃったかも。
7日夜から爆発が始まったそうです。

 

 

マクロダイブの桟橋 Jetty を見学。
噂通り、西側90度に桟橋を造り直す工事が始まっておりました(波直撃になりますが、大丈夫なのかな)。
作業船が桟橋にくくりつけられ、重機も入ってますし、土台の大きな石がごろごろ。
ボーリング作業もやっているようですね。
いいポイントだったのに、残念だぁぁぁ。
桟橋に生息していた生物たちはみんなどこに移動するんだろう・・。
もうしばらく潜れませんね。

そんな訳でパダンバイへ戻ります。
ダイバーが少ない!
波なし、流れ少し、透明度10m、水温27℃

よくオブジェに使われるシラナミイロウミウシ。

 

わーい。スパングルドシュリンプゴビー!

 

動きが活発すぎるオニダルマオコゼ。

 

 

イボヤギミノウミウシが2個体、パダンバイにいるのねー!

 

捕食中のシボリイロウミウシ

 

 

ご主人のカメラで参戦のT子さん。
右手が痛くなってきたそうな。
アームの位置??

 

 

オトヒメウミウシ

 

立派なクギベラの雄2匹がおっかけっこ。
動きが速すぎ。

 

 

K氏、ついにウェットスーツを作りました。
マンボウ撮影の時、懲りたそうです。
昔はもっと寒さに強かったんですけどね。笑

ランチ食べて、3本目
波なし、一部流れあり、水温27~28℃、透明度10m

アオスジリュウグウウミウシ

 

 

ハスエラタテジマウミウシ

 

ハダカハオコゼの根。大繁殖中。
この2匹、不思議な行動。
下の子はずっと寝ていて、白い子の口には何かくっついています。
脱皮を手伝っているのか、交尾なのか不明。

 

ヒブサミノウミウシ

 

 

カエルアンコウ走る走る~カワイイ!
走ると意外と速い。

 

 

皆さん、写真はいかがでしたか??
ベテラン組は、ロングダイブ・・・お疲れ様です。

打ち上げは、久しぶりにイタリアン・マッシーモ。
明日はK氏のお誕生日おめでとうございます。
ということで、赤ワインをご馳走になりました(ここに帰国しちゃったスラバヤA女史がいるべき)!
K夫妻、ウェットスーツ寄贈ありがとうございます。
大切に使わせて頂きます。
皆様との楽しい一日で、店主は少し元気になりました。
皆様に感謝。