サヌール 体験ダイビング

ダイビング

14歳のM君とサヌールで体験ダイビング!

4月1日なので、今日から中学3年生だとか。
若くていいなー。

本当は、今回ライセンスを取得したかったのですが、M君一家と店主の都合がうまく合わず、2日間の体験ダイビングになった経緯があります。

子供のダイビングの場合、両親がダイバーで、子供に体験ダイビングをやらせてみるのが普通です。
ですが、M君は違いました。

去年、すでにグアム島で体験ダイビング済み。

そして、実は小学校3年生頃から、テレビで見たスクーバダイビングの世界にずーーーーーっと興味があったのだそうです。

M君としては、やりたくてやりたくてたまらなかったことなのです。

これ聞いて、将来は海関係の専門家になりそうだなと店主は感じました。

店主の小学生、中学生時代なんて、何も考えないで生きていたなぁ・・・。

 

 

陸上講習

体験済とはいえ、陸上講習はやります。

いろいろ質問してみますが、去年の講習を覚えていて答えられるM君。

 

レッツゴー。

2日間大荒れだったサヌールも普通に戻っていました。

水面は少し波がありましたが、流れ少し、水温27℃、透明度10m。

ツバメウオの群れ、ネズミフグ、ミノカサゴ幼魚たくさん、サビウツボ、ツノダシ、ヘコアユ、ヘラヤガラ、クロスジギンポなどを観察できました。
今までいなかったカクレクマノミも現われました。→ どこから連れてきたのでしょう!?

 

水面休息

楽勝の1本目を終えたM君。こりゃ将来楽しみです。

 

 

2本目、初のバックロールエントリーに挑戦。

言われた通り、すいすい、でもゆっくり自分でコントロールして潜行を開始します。

 

で、しばらくすると、『フィンがない』とサインしてくれたM君。

片方のフィンがない!!!!

じゃ、通ったコースを戻りましょう。

フィンサーチを開始すると、いきなり視界が50cmぐらいに・・・。

見えない。

はい、潮の引き始めの中でも最強バージョンの濁る海水・・・。

流れもそれほどないので、濁った水はけがイマイチ。

視界50cmでは、フィンサーチは絶望的なので、M君は片方フィンのまま2本目終了。

諦めきれない店主は、もう一度、潜ってサーチ。

視界が少しよくなったけど、見つからない。

店主と似たようなプラスチックフィンだったので、水中ではずして浮かべてみました。

どういう風に流れるかの実験。

沈みもしない、だからといって水面まで浮かない。

水底50cmぐらいの中層を流れに任せて流れて行くんですねぇ。

この実験を見て、店主はフィン探しを諦めました。

沖まで行ったことでしょう。

捨てる神あれば拾う神あり

店主もサヌールではいろいろ拾っていますしね。

 

M君は、15歳の誕生日を待ってライセンス取得をするそうです。

今年11月はもうすぐ。

 

ランチの時にいつもいるKetut氏のバリ犬。

今日は、お肉がないの。ごめんね。

 

バリ犬

おっぱいが大迫力です。

生涯ずっと子供の産み続ける雌犬。

母強し。

 

のんびり

西洋人の座るテーブル下で肉を待つわんこ。

でも、西洋人はクルプック(揚げ煎餅)しかくれません。

仕方なく食べています。

 

そんな光景をM君と観察。

木からリスの食いかけの実を落とされたり、ハトの写真を撮ったり・・・。

明日も宜しくお願いします。海況がよいことを祈ります。

 

Posted by 店主